天帝のはしたなき果実

  • 『天帝のはしたなき果実』

  • 古野まほろ
  • 幻冬舎文庫
  • 1,040円(税込)
  • 2011年10月
  • 豪華絢爛、戦中国家体制SF設定の青春学園本格ミステリ! メフィスト賞受賞、著者デビュー作が完全改稿され新たな顔を見せる! 独特の文体、踊るルビにより、選ばれた読者のみがたどり着く驚きの結末!

帝国幻冬劇場、とある客席にて

推薦文No.3-2
明治大学ミステリ研究会

 帝国幻冬劇場で、新たな探偵劇の幕が開く――。

 あ、もしかして『果実』は初めてですか? いいえ、ご心配なく。新訳からでも十二分に楽しむことができますよ。
 どうして私の顔が嬉しそうに見えるかですって。それはですね、再び『果実』が私たちのもとへ舞い戻ってきたからですよ。本当に喜ばしいことです。
 舞台は日本ですが、私たちが住んでいる世界とは少し異なるという設定です。そこで繰り広げられる吹奏楽部の面々による青春模様、突如勃発する奇妙な殺人事件、日常と非日常が織り成す推理合戦。そして、その果てに待っている真相とは? 他にも見るべきところはありますが、大きく言ってこのような展開になっています。
 ところで、永井荷風『あめりか物語』はご存知ですか? 以前調べものをしていたとき、偶然に見つけた一節なのですが......。〈世に禁じられた果物ほど、味深いものがあろうか。罪のおそれ、毒の慮りは却ってそれらの魔力を増すに違いない〉。なかなか味のある一節だと思うのですが、いかがでしょうか。
 そして、この『果実』も世に禁じられた果物の一つかもしれません。しかし、その分だけ中身はとても味深く、なおかつ中毒性のあるものなのです。体中に毒が広がったら、もうそこから抜け出すことはできないでしょう。それは、縦横無尽な衒学趣味による毒かもしれませんし、圧倒的量であるルビ振りによる毒かもしれません。もしかしたら、主人公のどこか屈折した自意識などに毒された可能性もあります。ちなみに私は、推理合戦の毒にやられました。それは、どこまでも探偵小説趣味者的でしたので。
 また、「人と人は分かり合えるのか」というテーマも包括しているそうです。詳しくは存じないのですが、どうやらガンダム的なテーマでもあるみたいですね。人と人が分かり合うためには、言葉を紡がないといけません。しかし、それは時には無傷では済まないときもあるでしょう。それでも、怖れずに言葉にすること。その重要性を、この探偵劇が語りかけてくるのです。
 ......もうすぐ開演みたいですね。では、この新たな探偵劇を共に楽しめますように。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)