図書館戦争

  • 『図書館戦争』

  • 有川浩
  • 角川文庫
  • 700円(税込)
  • 2011年4月
  • 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が施行された現代。表現の自由を守るために、図書隊は奮闘する。

自由が侵される時

推薦文No.4-1
恵泉女学園大学読書会

 図書館には「図書館の自由に関する宣言」というものがある。その内容は、資料収集、資料提供の自由、利用者の秘密を守る。そして全ての検閲に反対するというもの。もし、図書館の自由が侵され、本が狩られる世の中になったら・・・。『図書館戦争』は、図書館の自由が侵され本が狩られる世の中で、本を守るべく奮闘する図書隊の物語だ。

 私が初めて図書館に訪れた時、図書館はあらゆる場所に本がある居心地の良い場所だった。今でも図書館は私にとって居心地の良い場所であり、そこは自由に本が読めて当然の場所という思いがある。しかし、この『図書館戦争』では本が狩られ、図書館で本を読んでいてもいつ検閲が入るかわからないという世の中なのだ。そんな世の中で笠原郁は本を守るため、女性では珍しい防衛部へ入部する。がしかし、体力には自信のある笠原だが、一図書館員として図書館業務を覚える過程ではかなり苦労する。そんな笠原の周りでは個性の強い人物たちもまた活躍する。それぞれが本を守るため奮闘するのだが、『図書館戦争』はそれだけではない。なんてったってラブコメ要素が満載なのだ。かなりニヤける。私はニヤけた。電車の中で読んでは、ニヤついてしまう顔を必死で引き締め、学校で読んでは漏れてしまうニヤけ笑いをかみ殺し・・・絶妙のすれ違いに悶々とし、早くお互いの気持ちに気付けよと歯痒くなり・・・。殺伐とした世界観に散りばめられるラブコメ要素が読んでいて楽しい。笠原の教官である堂上のやりとりはかなり読者をやきもきさせるのではないかと思う。
 『図書館戦争』を読むと書籍や言葉というものに関して多くの事を考えさせられる。普段なんとなく使っている言葉や耳にしている言葉の中には、差別用語となっている言葉がある。しかしそれらの言葉は本当に差別用語なのか。また、書籍というものに対して、普段自分がどう思っているのか改めて考えさせられる。
 ぜひ本が好きなら、言葉が好きなら、読んでみてほしい本である。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)