図書館戦争

  • 『図書館戦争』

  • 有川浩
  • 角川文庫
  • 700円(税込)
  • 2011年4月
  • 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が施行された現代。表現の自由を守るために、図書隊は奮闘する。

最優秀推薦文

図書館戦争(笑)

推薦文No.4-3
立教大学文芸批評研究会

 はじめに、図書館で戦争をしているという状況を考えてみよう。

 無数の棚に本たちが静かに並び、そして市民が静かに本を読む空間である図書館。そんな図書館という空間だけが、平和なこの日本の中で唯一戦場になる――これだけならギャグである。
 普段は図書館の業務に追われる主人公たちが、敵襲来時には武器を手に取って軍事行動(つまりドンパチ)をはじめる。つまり静かにしていなければいけない図書館で、図書館員が一番騒がしいという状況が発生する――これではアイロニーだ。

 だがしかし、そしてなぜか、有川浩の『図書館戦争』はそんな滑稽な小説にはなっていない。かつて自分と大切な本を守ってくれた「王子様」にあこがれて図書館で本を守る危険な職についた主人公の、純粋な気持ちが全編ににじみ出た、とても清々しい青春小説に仕上がっている。作者は、「図書館で戦争」という奇抜な設定をあくまでも自然に描き、そして「ベタ甘」と称されるラブコメのストーリーを巧みに構築して、『図書館戦争』というヒット作を世に放った。
 この物語において「本を守る戦い」、つまり言論の自由を巡る戦いは、物語のバックグランドに徹している。本を狩る者たちの言い分はほとんど登場せず、主人公にとって本を守ることは無条件で「正義」と映っている。つまり「本を守る戦い」そのものの「意味」は考察されていない。しかし、「本を守る戦い」は図書館で戦争をしているという舞台設定を生みだし、その舞台設定を得て主人公達のドラマは繰り広げられる。つまり「本を守る戦い」とは、『図書館戦争』の物語を支える背景、バックグラウンドなのだ。
 このように、『図書館戦争』の物語は二つの層から成り立っている。主人公達の「ラブコメ」なドラマの層を、「本を守る戦い」の層がバックグラウンドとして支えている。そしてこの二層性こそが『図書館戦争』の魅力なのだ。本を大切に思う気持ち、仲を大切に思う気持ち、大事な人を想う気持ち、試練を経験した成長――すべてが一つの物語に詰まっている。そして、この「図書館で戦争」という奇妙な組み合わせを、ここまでの作品にまで仕上げた作者の力量こそ、驚嘆に値するのだ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)