ハーモニー

  • 『ハーモニー』

  • 伊藤計劃
  • ハヤカワ文庫
  • 756円(税込)
  • 2010年12月
  • 21世紀後半、世界的混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築く。そんな見せかけの優しさが氾濫する世界で、少女たちは自殺を試みる。世界の混乱の陰に死ねなかった少女は、ただ一人死んだはずの少女の影を見る。

最優秀推薦文

伊藤計劃という「視点」

推薦文No.5-6
中央大学文学会

 あなたには、憧れの作家がいるだろうか。
 魂の中枢に刻み込まれた、座右の書があるだろうか。
 私にはある。伊藤計劃と、彼の遺したその作品群だ。
 伊藤計劃は二〇〇七年にデビューし、わずか三編の長編を遺して惜しまれつつも早逝した、日本のSF作家だった。
 その三編にあって、彼の遺作といわれているのが、この『ハーモニー』だ。つまり、この『ハーモニー』は、差し当たっての彼の「最新作」なのだ。そして、もう彼の次回作を読むことはできない。

 読み返す度、これほど新たな気づきを与えてくれる作家を、私は他に知らない。
 それは、伊藤計劃という作家の書く文章に息づく、彼の透徹した「視点」によるものだった。物語、人間、社会、そして科学技術――それらに対する、独特で、かつ深い、真摯な洞察の「視点」だった。
 私はそれまで、SF小説というものを、どちらかというと小馬鹿にしていた。設定ばかりが大好きなオタクの読み物であり、そもそも敷居が高いものだと思い込んでいたからだ。
 そんな私に、SF小説が持つ「可能性」を教え込んだのが、伊藤計劃の書く小説であり、彼の作品ではじめて触れたのが、この『ハーモニー』だった。単行本版の美麗な装丁に惹かれ、所謂「ジャケ買い」をした私は、最初の一ページを開いた瞬間から一度たりとも手を休めることなく、気づけばその全てを読み切っていた。
 読了し、圧倒された。言葉が出なかった。
 そのときの感覚を、私は今でも微に入り細に入り、思い出すことができる。それほどまでの、凄まじい読書体験だった。
 そこに描かれていたのは、高度医療福祉社会が全地球を覆うディストピアにあって奏でられる、人類の《調和(ハーモニー)》をめぐる物語だった。とりわけ私は、その終末的世界に強く惹かれた。なぜならそれは、二十一世紀の「いま・ここ」にいる私にとって、まさに真に迫る終末観だったからだ。
 一人称にあって語られる、「終わりなき終末」と、その終焉。
 『ハーモニー』で語られるのは、それにまつわる一連の顛末だ。
 その具体的な仔細については、あなた自身が本編を読んで、直に確かめて欲しい。
 そうすれば気づくはずだ。「いま・ここ」の世界の本質を、架空の未来社会を描くことで逆説的に示してみせる、SF小説の「可能性」に。
 伊藤計劃という作家は、まさにSF小説のその「可能性」に対して、確固たる「視点」を持った書き手に他ならなかった。それは、私のこれまでのSF観を刷新するのに十分だった。
 物語、人間、社会、そして科学技術――架空の未来社会を予め設定することによって、はじめて描ける「いま・ここ」にあるということ。
 SF的外挿によってはじめて剥き出しにされる、人間の、社会の、そして人類の真の姿があるということ。
 伊藤計劃の書く作品は、現在形のSFだ。「いま・ここ」の現在を見渡すことのできる「視点」を読み手に提供する、思惟の過程を示した作品だ。
 小説の持つ、極限の「可能性」がそこにあった。もっとその「可能性」を見せて欲しかった、と悔やむのは、読み手の身勝手だろうか。

 さあ、次はあなたの認識が変わる番だ。この真っ白い装丁を手にとって、少しでいいから読んでみて欲しい。「いま・ここ」にあることの全てに対する洞察が、その中には詰まっている。読み終えた後、あなたの眼から見える世界は、少しだけ違って見えるはずだ。
 『ハーモニー』は、伊藤計劃の「最新作」であり続ける。
 今までも、そしてこれからも。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)