ハーモニー

  • 『ハーモニー』

  • 伊藤計劃
  • ハヤカワ文庫
  • 756円(税込)
  • 2010年12月
  • 21世紀後半、世界的混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築く。そんな見せかけの優しさが氾濫する世界で、少女たちは自殺を試みる。世界の混乱の陰に死ねなかった少女は、ただ一人死んだはずの少女の影を見る。

あなたはそこにいますか?

推薦文No.5-7
拓殖大学文学研究会

 端的に言えば、この話は人間の意識について描かれた物です。


 遺伝的な物を除いて、病気が根絶された世界。
 他人同士でも「お互いを慈しみ、支え合う」世界。


 こんな世界が実在したら、皆さんはどう思いますか?
 恐らく、ほとんどの人は素晴らしい世界だと思うでしょう。しかし、この世界には「自分のカラダを健康に保つ」という制約があります。そこに「わたし」の意志は存在せず、世界を包む「空気」が支配しています。

 「葉巻や酒、その他諸々の嗜好品」は体に悪影響を与えるので駄目。カフェインすらも忌避される傾向にあります。

 体内監視システムの影響で皆が標準的な体型を保つ事となった結果、「デブ」という言葉は姿を消し、世界に対する「人的リソース意識」により「いじめ」は概念すら過去の物となりました。

 様々な概念が失われ、「わたし」すらも必要としなくなっている社会はディストピアで、主人公であるミァハは、迷う事のない、自明な人間を完成させる為に「意識を捨て去ることで人間は完全に社会化され、現実世界は純粋理論との完全に一致し、ユートピアを築き上げる」事を目指します。

 「意識が失われることは魂の死」です。しかし、主体的に考え、「判断する意志を持つ必要のない人間」で構成されている世界は、ユートピアなのかもしれません。ただし、そこの住民は「幸福感を感じる」事が出来ません。
 何故なら、自分自身で幸福を感じ取るには「わたし」という「意識が機能して」意志が働いていることが必須だからです。一方で「わたし」という意識があるうちは人間は完全に合理的にはなれないという、究極の矛盾が存在します。

 ここの折り合いはどうするのかと悩んだあげく、答えは出ませんでした。

 「わたし」が消えた今、そこにあるのは「社会と自己が一体化した」モノです。「喜怒哀楽を表す事」も、「ロボットが真似した」かのような寒々しい物でしかありません。

 ユートピアの恐ろしさとディストピアの閉塞感を味わう事の出来る、とても面白い一作だと思います。
 また、様々なパロディが見受けられますが、それらを探して見るのも楽しみの一つであるかもしれません。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)