ビブリア古書堂の事件手帖

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 620円(税込)
  • 2011年3月
  • 極度の人見知り篠川栞子が店主を務める「ビブリア古書堂」。本が読めない「体質」の五浦大輔は、祖母が残した『漱石全集』の査定を通してアルバイトを始める。訪れる奇妙な客と本をめぐる謎を解き明かすミステリー。

あなたは本は好きですか?

推薦文No.6-1
獨協大学文芸部

 本は好きでも読書が苦手。そういう人は少なくないんじゃないだろうか。

続きを読む

最優秀推薦文

全ての本好きに捧ぐ。

推薦文No.6-2
大東文化大学國文學研究会

 古い本には中身としての物語だけではなく、本そのものの物語がある。活字が全く読めない五浦大輔は古書店の美人店主篠川栞子と出会う。

続きを読む

古書が持つ物語

推薦文No.6-3
共立女子大学文芸制作サークル文士会

 古本屋でミステリー?
 一体どんな物語なのか。思い浮かぶことはあるでしょうか。

続きを読む

本と物語とその繋がりと

推薦文No.6-4
関西大学現代文学研究部

 もしも本が読めなくなってしまったなら、どうするだろうか。
 それはきっと、最高に気分が悪い事だろう。世界を呪うかもしれない。

続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖ってナンダ?!

推薦文No.6-5
拓殖大学文学研究会

 夏目漱石、うんわかる。太宰治、おお知ってるぞ。小山清、うーんわからん。ヴィノグラードフ・クジミン、・・・誰それ?

続きを読む

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)