ビブリア古書堂の事件手帖

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 620円(税込)
  • 2011年3月
  • 極度の人見知り篠川栞子が店主を務める「ビブリア古書堂」。本が読めない「体質」の五浦大輔は、祖母が残した『漱石全集』の査定を通してアルバイトを始める。訪れる奇妙な客と本をめぐる謎を解き明かすミステリー。

最優秀推薦文

全ての本好きに捧ぐ。

推薦文No.6-2
大東文化大学國文學研究会

 古い本には中身としての物語だけではなく、本そのものの物語がある。活字が全く読めない五浦大輔は古書店の美人店主篠川栞子と出会う。そこから古書に纏わる物語が始まる。舞台は鎌倉、その良き下町でひっそりと経営されている古書店。今にも漂ってきそうな古書の独特な匂いと、所狭しと陳列された本棚。そこからは古書店から醸し出される雰囲気と古書の匂いや紙の質感をリアルに感じることができる。読みやすい文体と緻密な描写で、読者は本書を開くと瞬く間に物語の世界に引き込まれていく。店には様々な人が各々の思い入れのある本を持って訪れる。そこで起きる事件を店主が解き明かしていくのだが、見える真実は切なくて痛い。
 この物語の最大の魅力である栞子さん、彼女の存在がシリアスな展開に優しい癒しと笑いを与えてくれる。栞子さんは内気で人見知りで、普段は緊張してなかなか上手く人と話すことができない。でも、本が絡むと途端に人が変わり、嬉しそうに饒舌に話し出す彼女。そのギャップが非常に堪らない。栞子さんは本をまるで自分の子どものように大切に扱い、本を見つめる目線も慈愛で満ち溢れている。本好きなら共感してしまう言動がたくさんあって、思わず嬉しくなってしまう。現実にこのような女性がいたら、是非友達となって彼女と本について語り明かしたい。また、主人公大輔と栞子さんの初々しいやり取りに思わず笑みがこぼれる。本が苦手で、活字を読むと体調が悪くなってしまう大輔と知識が豊富で勝手に本の薀蓄を語り出す栞子さん。栞子さんは本が読めない大輔のために、本の内容を言葉として紡ぐ。見ていると微笑ましくて暖かい情景だ。
 古書に纏わる色々な難事件が大輔たちの周りで起きる。不可解な謎であっても栞子さんは安楽椅子探偵のように、証言だけで解き明かす。栞子さんの鋭い洞察力と論理的な推理で登場人物たちは真実まで導かれる。しかし明かされた真実は美しい物語とは限らない。目を背けたくなる真実や暗くて救いがないように思う結末。それでもその物語を知らなければ進めない時がある。栞子さんは淡々と自説を語り、事件関係者は現状を変えるべく耳を傾ける。悲哀で辛い物語を知った当事者はそれでも晴れやかなすっきりとした顔をして、場を去る。事件が解決して幕が下りようとも、彼らの物語は続く。作者は丁寧に彼らのその後も描いて、どんな困難も人間はちゃんと乗り越えることを語る。
 最後に、文中に登場する古書がとても読みたくなる。あそこまで嬉々として語り、幸せそうに淀みなく本を紹介する栞子さんを見たら、誰だって本を読みたくなる。きっとその本を読めば、物語が更に味わい深く感じるのであろう。古書まで読んだら二度美味しいというわけだ。
 これは根っからの本好きに贈る、古書に纏わる極上のミステリー。ビブリア古書堂の門は常時開かれて、あなたの訪れを待ち侘びているのだ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)