ビブリア古書堂の事件手帖

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 620円(税込)
  • 2011年3月
  • 極度の人見知り篠川栞子が店主を務める「ビブリア古書堂」。本が読めない「体質」の五浦大輔は、祖母が残した『漱石全集』の査定を通してアルバイトを始める。訪れる奇妙な客と本をめぐる謎を解き明かすミステリー。

古書が持つ物語

推薦文No.6-3
共立女子大学文芸制作サークル文士会

 古本屋でミステリー?
 一体どんな物語なのか。思い浮かぶことはあるでしょうか。
 これは、そんな妙に噛み合わない二つが合わさった、本と人とを巡る物語です。

 この物語の語り手は、五浦大輔(ごうら だいすけ)という活字恐怖症のフリーター。幼き頃の些細なイタズラで活字が読めなくなり、読むだけで汗が吹き出る、眩暈がするなどという本に関しては凄まじいほどのヘタレっぷりを発揮してくれます。おいおい、題名に「古書堂」って書いてあるのに大丈夫か......?と思わせてくれるほどの主人公。そんな彼はその体たらくの通り、本とは縁遠い人生を歩んで来ました。
 しかし、そんな彼がある日を境に古本屋で働くことになったのです。
 それは、亡くなった祖母の古書、漱石全集を査定することになったことが全ての始まりでした。
 その漱石全集には、「夏目漱石/田中嘉雄様へ」とサインがされていたのです。もしかしたら、本人のサインかもしれない。価値のあるものかもしれない。そんな仄かな期待とともに、母に急かされ彼はビブリア古書堂へと訪れます。それがきっかけで、彼は篠川栞子と出会います。
 篠川栞子は、ビブリア古書堂の店長です。当時、彼女はとある事情で入院しており、大輔とは病室で対面を果たしました。口下手で、人見知り。本以外のことはまともに話せない。でも、本のこととなるとまるで別人のように生き生きと語り出す。そんな一風変わった美女、栞子。そして、彼女こそがこの本作の謎解きを担う張本人なのでした。

 古書には、その本自体に物語があります。歩んできた歴史があります。
 古書そのものが、一つのストーリーを持っているのです。
 本作は、そんな古書が持つ、古書が巻き起こした、その古書だけの物語を紐解いていくお話なのです。
 その本が何を見て、何を語っているのか。
 栞子は、それを想像します。想像して、その本が持つ物語を紐解いていくのです。
 漱石全集を巡る謎。栞子との出会い。
 それがきっかけで、大輔はビブリア古書堂で働き始めます。自身の出生の秘密を知るために。栞子を、守るために。
 ビブリア古書堂に訪れる、人と本とを巡る物語。
 古書が持つミステリー。あなたもぜひ体感してはいかがだろうか?

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)