ビブリア古書堂の事件手帖

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 620円(税込)
  • 2011年3月
  • 極度の人見知り篠川栞子が店主を務める「ビブリア古書堂」。本が読めない「体質」の五浦大輔は、祖母が残した『漱石全集』の査定を通してアルバイトを始める。訪れる奇妙な客と本をめぐる謎を解き明かすミステリー。

本と物語とその繋がりと

推薦文No.6-4
関西大学現代文学研究部

 もしも本が読めなくなってしまったなら、どうするだろうか。
 それはきっと、最高に気分が悪い事だろう。世界を呪うかもしれない。
 だがしかし、私はそれでも読書を止めることはないと思う。
 そしてそれもまたきっと、当たり前のことなのだろう。

 本を読めない男と、本を読むばかりの女。この『ビブリア古書堂』は、そんな二人と、その周りに集まる奇妙な客人たちが織り成す不思議な物語だ。舞台であるビブリア古書堂に、祖母が遺した本を持って主人公が訪れるところから物語は始まる。そんな小さなきっかけから広がった物語は、どんどん拡大する。古書にまつわる人たちが持ってきた話はどれもが何か謎や秘密を抱えていて、ビブリア古書堂の店長である栞子さんが、ずば抜けた観察力と洞察力と推察力をもって解決してゆき、そうして波及した物語は静かに収斂する。
 古書は物語に満ちていると、栞子さんは言う。誰かが手に取り、それが古書に置かれ、そうしてまた別の人の手に移り渡っていく。古書として置かれる以前、その本とその持ち主はどんな思いでいたのだろうか。そしてそれを売る時、どんな気持ちでいたのだろうか。私も古本屋に通って本を購入するが、そんな風に思いを馳せたことはない。あったとしても、お金に困ったから売ったのだろうと、下世話なことしか考えたことがない。けれど、もしかしたら私が持っている古本の一冊に、何かエピソードがあるのかもしれない。それはとても素敵なことだろう。素晴らしく素敵だと思う。ある一人の人間の思いや気持ちが、そこには詰まっているのだ。私は栞子さんのように頭が切れるわけでもない。だが古書には、その本を愛した人がいる、というたった一つの簡潔な事実があることだけは分かる。売り払うことになってしまっても、少なからず、一度はその作品を彼らは愛したのだ。いや、今でもまだ愛しているかもしれない。しかしそれは、いくら考えても分からないのだ。
 もしも、自分の手の届くところに古本があったならば、少し違う見方をしてみて欲しい。奥付や表紙を外した裏に、もしかしたら何かメッセージが零れているかもしれない。そしてそんなメッセージが、あなたの物語をだいぶ違ったものに変えるものかもしれない――なんて、そんな空想を、まあ、たまにはしてみてもいいんじゃないでしょうか?

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)