ビブリア古書堂の事件手帖

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 620円(税込)
  • 2011年3月
  • 極度の人見知り篠川栞子が店主を務める「ビブリア古書堂」。本が読めない「体質」の五浦大輔は、祖母が残した『漱石全集』の査定を通してアルバイトを始める。訪れる奇妙な客と本をめぐる謎を解き明かすミステリー。

ビブリア古書堂の事件手帖ってナンダ?!

推薦文No.6-5
拓殖大学文学研究会

 夏目漱石、うんわかる。太宰治、おお知ってるぞ。小山清、うーんわからん。ヴィノグラードフ・クジミン、・・・誰それ?最初目次をみて私は少し抵抗を覚えた。なんだか小難しいそう。それに私の知らない作者の作品がタイトルになっている章が半分を占めている。本当に最後まで読むことができるのかなと不安になったのだ。恥ずかしながら私はあまり昔の作者の作品を知らない。夏目漱石や太宰治の本だってそんなに読んでいない。さらにそれにプラス私の知らない作者・・・やはり無理じゃないだろうか。
 そもそもなぜ私がこの本を読もうと思ったのか。それは作者の三上延さんが某テレビ局のインタビューに答えていたのを偶然みたからである。テレビが注目しているのだから、きっと面白いのだろう。それとちょっとのミーハー気分も手伝って、買いに行くことにしたのだ。
 とにかく買ったんだから読んでみるか。読みたいから買ったという気持ちが薄れてしまっている自分を感じながら、読み始める私。ところがどうだろう。いざ読み始めると本の知識は必要ない。もちろんその本の知識があれば、また読んだことがあればそれに越したことはない。だけど読んでいなくてもこの本を読むこと、そして楽しむことができる。なぜならまずその章のタイトルになっている本のことをわかりやすく解説してくれるからだ。そしてこの「ビブリア古書堂の事件手帖」は"本に秘められた思い"を大切にしている。その人がどんな思いで本を買って、または売ることになったのか。その思いを読み取り、解決していくのが主人公の篠川栞子である。美人だ。かわいい。彼女にしたい。まあ冗談はここまでにして彼女がどれだけ本に情熱をもっているかがわかる。普段は口数も少なく人見知りな彼女も本のことを語りだすと止まらない。誰しもが圧倒される。
 この本の魅力は本にまつわるミステリーだ。その本に込められた様々な思い。それは読んでいる者をわくわくさせる。だが私には他に注目してもらいたいところがある。それは栞子と古書堂で働く五浦大輔という男性との人間関係だ。この二人のつかず離れず、胸がキュンキュンするような微妙な距離をぜひとも感じていただきたい。
 このようにこの本には人を引き寄せて離さない、様々な魅力がある。ぜひ一度読んでみてはいかがだろうか。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)