モダンタイムス 上・下

  • 『モダンタイムス 上・下』

  • 伊坂幸太郎
  • 講談社文庫
  • 590・690円(税込)
  • 2011年10月
  • システムエンジニアの渡辺は、ある日妻が雇った謎の男から拷問を受ける。得体の知れない妻の行動、上司の失踪、同僚の逮捕…。仕事でプログラム解析をしている途中で見つけた不可解なコードから、全ては始まっていた!

勇気はあるか?

大東文化大学國文学研究会

 「勇気はあるか?」と問われたら、あなたはなんて答えるだろう。
 何かとても大きな力や抗えない流れ、自分を取り巻く世界自体に不審を抱いたら人はどうするか。普通はその「大きな何か」に屈するだろう。「いずれどうにかなるだろう」、「誰かがどうにかするだろう」、「こんなもんだろう」と。本作にもこういった台詞が出てくる、『見て見ぬふりも勇気だ』、『そういうことになっている』。
 そう、多くの人が胸を張って「勇気がある」とは言えないだろう。
 この物語は、その「大きな何か」に不審を抱いた主人公がそれに対峙し、考え、抵抗する、システム化された社会の冷たさと人同士の繋がりの温かさを描いた物語である。
 私達を取り巻く現実は、私達の知らない所で情報によって管理されていて、誰でも好きなように情報を手に取る事が出来る。だが実際は、便利である筈の情報にもウソや質の悪い物もあり玉石混淆で、肝心な情報は制限されていて取得できない。寧ろ情報に振り回され踊らされている感じさえする。そしてそれに気がつかないまま何か言い表せないような社会の流れに乗せられていて、平和ボケしている。本作はその事に改めて気がつかせてくれるような気がする。近未来の日本が舞台となっているのだが、妙にリアルで「ああ、近い将来こうなっているかもなあ」とすら感じる。
 伊坂幸太郎は『魔王』、『ゴールデンスランバー』でも「大きな何か」に対峙する人々を描いている。その「大きな何か」は現実にありえそうだが、実際にはありえない。けれど、私達を取り巻く現実の世界を象徴或いは風刺しているようでいて、どこか現実味があってスリルを感じる。
『モダンタイムス』とはチャールズ・チャップリンが、資本化していく社会を風刺した映画作品のタイトルでもあるが、深読みするのであれば本作はこれからの私達が成していく社会への警鐘なのかもしれない。
こんな時代だからこそ、これから社会に出て行く大学生に読んでもらいたい作品である。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)