神様のカルテ

  • 『神様のカルテ』

  • 夏川草介
  • 小学館文庫
  • 580円(税込)
  • 2011年6月
  • 栗原一止は、信州松本の地域医療を担う本庄病院に勤務する内科医である。この病院でどんな患者でも診てやりたいと考え、きりきり舞いで働く一止に、大学医局で最先端医療を学ばないかと声がかかる……。

生きることの意味。

東海大学文藝サークル~綴~

 願わくば、こんな医者に看取られたい。そんな風に言ってはいささか大げさだろうか。しかし、この小説に出てくる栗原一止という一人の内科医を見ていると、私はどうしてもそんな感想を抱かずには居られないのだ。
 舞台は信州のとある地方病院。24時間365日対応を謳う病院で、無論その理念は立派である。しかしながらその為に主人公や、その周囲の医療従事者は過酷な労働環境で働くコトになる訳である。そんな地方医療の問題点も描きつつ、実のところ一番のテーマは純粋に「人間の生と死」であると思う。
 主人公を取り巻く人間模様は多様で、がん患者からアルコール中毒者、一癖も二癖もある上司や同僚。そして、住み処である「御嶽荘」の奇妙な住人達。そんな多様なキャラクター達が、全て生き生きと物語の中に息づいている。そして、それぞれに「人生」がある。地方医療という舞台を使って「人間が生きること」の現実や意味を語りかけてくる。これはそんな物語だ。
 医療が舞台であるから、主人公は幾人もの患者の死と向き合わざるを得ない。いかな名医とて不死が存在しない世の中で、できることは限られている。だからこそ彼は漱石の草枕を片手に悩み、考えるのである。治らぬ患者をいかに看取るのか。生きるとは何か。死とは何か。その答えを、彼の看取った患者が手紙で彼に伝える場面がある。

 病の人にとって、もっとも辛いことは孤独であることです。先生はその孤独を私から取り除いてくださいました。たとえ病気は治らなくても、生きていることが楽しいと思えることがたくさんあるのだと、教えてくださいました。
夏川草介「神様のカルテ」より抜粋

 日本はもはや高齢化社会ではなく、高齢社会も通り越し、2007年に超高齢社会に突入した。そんな中、未だ終末医療は大きな問題である。そうした、「生死」の問題を鮮やかに描いたこの作品は、これから社会の担い手となる我々学生にとっても必読の一冊ではあるまいか。そんな風にも思うのである。
 医者でなくとも、「とかくこの世は生きにくい」と言わざるを得ないようなこの社会で、どのように生きるべきか。ラストシーンで明かされる一つの答えは、あえて抜粋しない。是非読んで、目にして欲しい。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)