県庁おもてなし課

  • 『県庁おもてなし課』

  • 有川浩
  • 角川書店
  • 1,680円(税込)
  • 2011年3月
  • 観光立県を目指しとある県庁で生まれた“おもてなし課”。若手職員の掛水史貴は地元出身の作家にアドバイスされ、伝説となっている地域振興プランへとたどり着く。お役所と民間の狭間で揺れる掛水がとった行動とは?

普段とは違うところへ

法政大学もの書き同盟

 旅行先には何を期待して行くものでしょうか? 
 そんなものは人それぞれだし、それこそ十人十色でてんでバラバラかもしれません。しかし共通するものだってあると思います。

 おそらくそれは日常の風景から飛び出すことではないでしょうか。この物語ではありふれた風景から飛び出すためにはどうすればいいのかを真面目に、ジタバタしながら考えていく人々の姿が描かれています。

 物語の発端はもちろん県庁の「おもてなし課」、そこで働いている掛水文貴という男性を中心に動き出す。
しかし、自分たちの住み慣れた土地の何が良いのかわからない。結局は使い古された観光大使の企画を立ち上げ、考えもせず実行する。だが、これが本当の意味でのおもてなし課の活動の始まりでした。

 いい意味でも悪い意味でもそのままの地元をどうやってプロモーションしていくかが鍵なのだが、やはり簡単には打開できない。一人で机に向かって思案したところで解決策なんて出てこない。でも一人きりなんてこともありえません。

 なんてったって作中に出てくる他の登場人物も大いにジタバタしますから。人たらしの小説家、目端の利くお団子髪の女の子、アクティブなおっちゃん、等々普段ならばほとんど無関係で温かみのある人々との交流もこの作品のアクセントとなっています。

 そして何よりいいのは会話の中にするりと入ってくる土佐弁だ。私は土佐弁なんて今まで聞いたことが無いが、読むことに支障をきたすことは無かった。むしろその逆で内輪話を聞いているような、登場人物たちと昔から知り合いのような気にさえなっていました。

 大学時代だって永遠に続くわけでもありません。ならば、とりあえずジタバタと動き回ってみなければ見えないものもあるかもしれませんよ。

 さぁ、一緒に日常の風景から飛び出してみましょう。別にどこでもいいんですよ。都心のデパート、通いなれた学校、足しげく通った近所の溜まり場。でも、もし時間があるのならば県庁のおもてなし課を訪問してみては?

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)