これはペンです

  • 『これはペンです』

  • 円城塔
  • 新潮社
  • 1,470円(税込)
  • 2011年9月
  • 文章の自動生成装置を発明した叔父とその姪。存在しない街を克明に幻視する父とその息子。「言葉」を手がかりに繋がろうとする家族を通して読むこと、書くことの根源を照らし出し、言葉と人々を包み込む2つの物語。

これが本です。

東京女子大学文芸サークルさつき

 読書の仕方というのは人を映す鏡のようなものなのではないかと思う。どんな本を読みどんな感想を抱くのかは人の数だけ無数に存在するものだ。本を読んでいると、この本にあの人は一体どのような感想を抱くのだろうという想像が頭に浮かび問うてみたいなと浮き立つ気持ちになるような、そんな本に出会う時がある。
 この一冊は私にとって、そんな本だった。
 〈叔父は文字だ。文字通り〉この一文から始まる本書は冒頭から少々癖のある、人をくったものだ。だが韻を踏んだこのセンテンスは日本語として響きが良く著者の言葉のセンスが多分に生かされていると感じる。このような言葉のセンスとどこかちぐはぐな現実とずれたところから生まれるユーモアは実に魅力的だ。例えば叔父が送る一風変わった手紙は磁石で書かれていたりそれを読む為に姪は磁力を消すためにその磁石をキッチンで炒めたりする。とても面白いと私は思う。しかし、異論がある事は認めざるを得ない。それ程著者の企みは巧みなのである。
 著者には以前より掲げ続けているテーマがある。無秩序にかつてからある文章を切り貼りして機械プログラムが文を書くことと、人間が文章を書くことにどんな差があるのだろうという問いである。言葉とは何なのか。私達に一体何をもたらすものなのか。何ができるのか。この問いにどう答えるのか、答えを出せないまま私はまだ考えている。
 このように表題作には「ものを書くとは」というテーマで貫かれており著者の作品の中ではストレートな作品に位置するだろう。
 先程、異論があると述べたが、それはこの物語の持つわかり難さがある。物語の中に出てくる数理的・科学的知識は専門の域に達しており理解するのは容易ではない。しかしその知識が無ければ読めないというのは誤った認識ではないかと思う。生粋の文系人間の私でもすらすら読めた。そして、分かりやすい。「これはペンです」では叔父と姪の話であるし、合わせて収録されている「良い夜を持っている」は父を巡る家族の話なのである。冒頭の文章や英訳そのままのタイトル「ディス・イズ・ア・ペン」「ハブ・ア・グット・ナイト」とは相反し、繰り返しになるが実にストレートな物語だ。読後感に伴う抒情的なある種の爽快さは癖になる。けれども理解しようとして読むと途端にわかり難くなるものなのである。
 小説の読み方は人それぞれだ。この物語の筋書きが面白く読みやすかったり、登場人物に感情移入ができたりすることを楽しみにした読書もあるだろう。しかし、わからないものをわからないままに面白く読むという読み方も一つの読み方なのではないだろうか。自分の琴線に触れた、面白いと感じた箇所をそっと心の中にしまうような読書の形も確かにあるのだろう。特に最近の小説に限らず様々なものごとで、いかにわかりやすいかという事がもてはやされているような気がする。そんな世の中の傾向だからこそ、わからないというものが大切になってくるのではないだろうか。
 〈わたしたちは、あまりにも簡単にバグを書いてしまうことができると思わないかね〉これは私が本書で心に引っ掛かった一文だ。私達は今、当たり前のようにメールからSNS 、インターネット、果てはレポートなどいくらでも文字と書くことによって自己表現が出来ている。実に簡単に出来てしまう。この一文を見て、それはある意味とても大変で、怖いことなのかもしれないな、と思った。
 きっとこの作品も、これからの円城塔の作品にも、このような発見を幾つも読むたびに見つけ得るだろうと考えると楽しくて仕方がない。まだまだこの作品の感想を言語化出来ていないのが残念である。ただ月並みではあるが、簡単に言ってしまえば、私はこの本が好きなのだ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)