下町ロケット

  • 『下町ロケット』

  • 池井戸潤
  • 小学館
  • 1,785円(税込)
  • 2010年11月
  • その特許がなければロケットは飛ばない――。最先端特許を取得した町工場は資金繰り、法廷闘争、内部分裂や企業買収とまさに崖っぷち。モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの意地とプライドを賭した戦いがここにある。

誇りと夢

白百合女子大学推理小説研究会

 資本金3千万円。従業員2百名。大田区のとある中小企業「佃製作所」はかつて宇宙科学開発機構の研究員であった社長、佃航平によりエンジンや周辺デバイスを手掛けることで売り上げが3倍になるほど成長を遂げていた。

続きを読む

何が重要なのか。

大東文化大学國文学研究会

 私たちの将来とはいったいどういうものだろう。夢や希望はいつまでもてるのだろう。いつのまにか「自分のやりたいこと」が、「誰かと同じようにやりたいこと」になっていないだろうか。どうやら、誇りをもって「これが俺の仕事よ」と言える未来には、私たちのうちの多くが歩いている道は、繋がっていない。

続きを読む

リアルを描く小説で

立教大学文芸思想研究会

 「99.7%」この数字が何を示しているかご存じだろうか。

続きを読む

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)