少女不十分

  • 『少女不十分』

  • 西尾維新
  • 講談社ノベルス
  • 882円(税込)
  • 2011年9月
  • 作家である僕が10年前を語る――『少女不十分』についてこれ以上語るのは野暮、というものでしょう。すでに野暮かもしれませんが。私がただひとつこの本にいえることは、ネタバレ厳禁!  この一語に尽きます。

不十分だからこそ、人はいとしい

立教大学文芸批評研究会

 縁という言葉がある。
 この世の中に意味の無い出会いなんて無いという立場にたったときにその言葉は生まれる。
 物語という言葉がある。
 縁によって結ばれた人々が向かい合ったときにその言葉は生まれる。
 たとえ小説ではなくても。
 事実だろうが事実でなかろうが上手かろうが拙かろうが十分だろうが不十分だろうがそこに物語はある。

 この物語は不十分な作家志望の大学生と不十分な小学生の少女との縁によって紡がれる物語だ。
 不十分な人間二人が不十分なままに向き合いながら、手を伸ばして互いを探ってみようとする。
 それは暗闇を手探りで進むように頼りなくて、精神的に負担も感じ、行き過ぎたり戻りすぎたり上手くいくことよりも上手くいかないことのほうがはるかに多いだろう。
 人間は不完全な生命体の一つでしかなく、今までの歴史を紐解いてみてもストレートに成功した出来事より、失敗した出来事や回り道になってしまったことのほうがはるかに多いのではなかろうか。
 別にこの物語だけが特別優れてるなんてまるでぼくは思わないけれどそんな不十分のやるせなさといとしさをこの物語は忘れていない。
 それがきっと、この物語のいいところだと思う。

 別に僕はこの本の誰にも嫌悪感も恐怖も怒りも覚えなかった。
 結構な社会的な地位を持っていても、結局歪みを修正しきれずに、終には自分の娘さえ歪めてしまって、終いには自分たちの人生すら終らせてしまったUの両親にも。
 自分の友人が死に瀕して尚、刻み付けられた自己のルールを乗り越えられないUにも。
 あれこれ言ったり考えてみたりはするけれど、臆病で結局たいしたことが出来る訳でもなく唯、自己嫌悪だけが降り積もっていく主人公にも。
 この本には徹頭徹尾、およそ真っ当な人間は出てこなかったと思う。
 勿論彼らのしたことには、社会的に余りよろしくないこともたくさんあったと思うが、僕は怒りよりも寂しさを覚えた。
 そして何より、そんな彼らをいとしく想った。
 だってそれは人間がどうしようもなく不完全で不十分で。
 でもだからこそ人間は縁と物語を大切にしながら生きていくことが出来るからだ。

 そして、同作者の戯言シリーズにはこんな話がある。
 真の天才は、己が完全であり完全に満ち足りてるが故に、太陽のように、他者の存在を必要としない。
 そんな存在にあこがれなくはないけれど、それでもぼくは不十分な人間でいたい。
 孤独を愛して、でもだからこそ人間が大好きだからだ。
 孤独に耐えられない人間に、或いは孤独を知らない人間に、真に人間を愛することは出来ないと思う。
 毎日が日曜日である人間に日曜日の有難さは解らないように。
 人はいつだって相対的な世界にしか生きられず、欠如を覚えたことの無い人間は満足という言葉の意味を真に理解することは無いからだ。
 そして世界は何時だって良いことも悪いことも巡りに巡りぐるぐると。
 どんなこともいつまでも続くということは無いし、悪いことも良いことも生きていればやがて順々に巡ってくるのだ。
だからUよ。恐れることは無いんだよ。
 故に主人公は語る、一般的ではない人間が、一般的ではないままに幸せになる話を。
 それは、不十分な人間愛の物語だ。

 僕はこの物語を読んでそんなことを思った。
 駄目人間なあなたも普通なあなたも或るいは完璧な貴方もたまにはこんな不十分な物語を読んで、人間について考えてみてはいかが?

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)