すべて真夜中の恋人たち

  • 『すべて真夜中の恋人たち』

  • 川上未映子
  • 講談社
  • 1,680円(税込)
  • 2011年10月
  • 会社をやめ、フリーランスの校閲者になった冬子は三束さんという男性に出会い、そしてそれをきっかけとして彼女の殻は少しずつ柔らかくなっていく。途方にくれるほど長い夜を、ゆっくりと歩いていく恋愛小説。

叶わない望みに意味はないのか

中央大学文学会

 質問したい。あなたは今、自分の居る場所に満足していますか?あなたが居るその場所は、あなた自身が望み、選んだものですか?自分が何を望んできて、今何を望んでいるのか、本当に分かっていますか?失敗するのが、傷つくのが怖くて、本当の望みを押し殺したことはありませんか?自分が今まで本当の意味で何かを選択できたことがあったのか、疑わしくなったことは?あなたは、自分自身がからっぽだと感じたことはありませんか?

続きを読む

マニエリスムだよ、これは

早稲田大学現代文学会

 川上未映子をマニエリストと述べるのは、高山宏がそう言った以上はばかることはないのだが、あえて知らぬフリをして言うならば、ホッケに「おはよう」した以上、かのロマンチストに感化されていないわけもなく、『すべて真夜中の恋人たち』の散り散りになった「引用」というワードをマニエリスム的に解さなければならない、となるわけである。ロマンチスト、ロマンチックと言って純な、おぼこな観念しか思い浮かばぬ日本に於いてキャロルのロマンなROMANCEMENT(ROMAN CEMENT)の失望は思い浮かばぬかもしれない。

続きを読む

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)