ふたりの距離の概算

  • 『ふたりの距離の概算』

  • 米澤穂信
  • 角川文庫
  • 580円(税込)
  • 2012年6月
  • 春。神山高校古典部にも一年生が入るが、ある日突然謎の状況と共に入部を取りやめてしまった。一体何が原因だったのか? 奉太郎は推理する。マラソン大会の20kmを走りながら。

ただ走るには長すぎる、ただ読むには短すぎる

推薦文No.17-1
東京学芸大学生協読書マラソン委員会

 神山高校2年生の奉太郎、える、里志、摩耶花は、活動目的不明の部活「古典部」に所属している。本書は、彼らの日常とそこに潜む謎を解く「古典部」シリーズの5作目だ。新学期に1年生の友子が新入部員として入ってきた。しかし正式に入部する前に辞めてしまう。その理由は不明、部長のえるが一見すると原因。「やらなくてもいいことはやらない、やらなければならないことは手短に」がモットーの省エネ少年奉太郎だが、謎解きに挑む。とはいっても友子に退部を思い留まらせるためではなく、誤解を解くため。しかも友子が辞めた次の日に行われた学校行事のマラソン大会中に。マラソンをしながら推理するなんて、誰も思いつかないだろう。走り(歩き)ながら考え、追いついてくる里志、摩耶花、える、友子から話を聞いて推理しようというのだ。そんな奉太郎の考えだけでもわくわくする。

 古典部を辞めると言う直前に友子と話していたのはえるだった。では友子の退部の原因はえるなのか?奉太郎は違うと考えている。実際は根拠のない思い込みだ。
 「しかしこの一年。全てではないといえ、いやほんの一端に過ぎないとはいえ、俺は千反田のことを知った。千反田の伯父の話を聞いた。ビデオ映画の試写会に連れて行かれた。温泉宿に合宿に行った。文化祭で文集を売った。放課後に下らない話をした。納屋に閉じ込められた。雛に傘を差してやった。
 だから、違うと思った。」
 最初は姉の命令で入ったものでしかなかった古典部、そこで過ごした1年が、奉太郎にとって無駄なものではなかったのだと安心する。
 友子が入部をしない理由は、『友達』との過去によるものだった。その過去がいつ暴かれるのかと怯えていた。古典部5人で過ごしていた日々に、友子の苦悩があったことにかなしみを感じる。

 歩いたり話したりバス停に隠れたり、近道の路地を通ったり団子を食べたりの推理をした奉太郎。完走目前で物語は終わる。結末はどうなるのか、謎はどう解かれるか、気になりながらあっという間に読んでしまった。友子はこのまま入部しないのか、いつか戻っては来ないのか、続きが待ち遠しい。最後まで読み、題名の意味に思いを馳せた。奉太郎とえる・摩耶花・友子、友子と『友達』の「ふたり」、物理的・心理的な「距離」......。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品