候補作品決定!!

全国の文芸サークルから投票していただき、候補24作品(五十音順)が決定いたしました。この24作品の中から、「2013大学読書人大賞」最終候補作品が選ばれます! 大学文芸サークルの皆さんには、候補24作品をお読みいただき、その中で「大学生にぜひ読んでほしい」と思った作品を最大5作品までサークル単位で選んで推薦文を執筆してください。推薦文は、800~1,600字で書いていただき、応募フォームからお送りください。推薦文の締め切りは2月1日(金)です。
なお、昨年度の推薦文は下記のリンクから閲覧できますので是非参考にしてください。

>>2012年度の推薦文はこちらから

[改訳]アウステルリッツ

  • 『[改訳]アウステルリッツ』

  • W.G.ゼーバルト
  • 白水社
  • 2,730円(税込)
  • 2012年6月
  • 推薦文を書く

W.ベンヤミンがモデルとも言われる主人公・アウステルリッツ。彼によって語られる、19、20世紀の暴力と権力。ゼーバルトは、 20世紀が遺した最後の偉大な作家である。

嵐のピクニック

  • 『嵐のピクニック』

  • 本谷有希子
  • 講談社
  • 1,365円(税込)
  • 2012年6月
  • 推薦文を書く

突然変わってしまった彼女たち、悪の組織と戦うピンク色の髪の少女、人間の本音と建前…。恋にホラーにファンタジー。日常から少しずれた世界で繰り広げられる13のお話。

いま集合的無意識を、

  • 『いま集合的無意識を、』

  • 神林長平
  • ハヤカワ文庫JA
  • 651円(税込)
  • 2012年3月
  • 推薦文を書く

とある作家を名乗る画面上の文字列との対話、人気シリーズのスピンオフ、過去書き下ろした短編群。今までの、そしてこれからの神林長平を知るうえで読んでおきたい短編集。

クエーサーと13番目の柱

  • 『クエーサーと13番目の柱』

  • 阿部和重
  • 講談社
  • 1,575円(税込)
  • 2012年7月
  • 推薦文を書く

人気アイドル「Q」を24時間追跡するためのパパラッチ集団とそれを一人で雇うアイドルオタク。狂気と執着の狭間で物語は疾走する。現代のアイドルシーンへ切り込む問題作。

珈琲店タレーランの事件簿

  • 『珈琲店タレーランの事件簿』

  • 岡崎琢磨
  • 宝島社文庫
  • 680円(税込)
  • 2012年8月
  • 推薦文を書く

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。バリスタ・切間美星が来店客にまつわる様々な謎を解き明かす、日常のささやかなミステリー。

さよならクリストファー・ロビン

  • 『さよならクリストファー・ロビン』

  • 高橋源一郎
  • 新潮社
  • 1,470円(税込)
  • 2012年4月
  • 推薦文を書く

生きることの虚しさ、突然の死の訪れ、落としてきた記憶……東日本大震災をまたいで、6つの小説の主人公たちとともに、これらの話たちはそれぞれの世界で動き始める。

屍者の帝国

  • 『屍者の帝国』

  • 伊藤計劃,円城塔
  • 河出書房新社
  • 1,890円(税込)
  • 2012年8月
  • 推薦文を書く

日本SF大賞作家・伊藤計劃著の未完の絶筆を、芥川賞作家・円城塔が引き継いで完成した本作。秘密諜報員ワトソンの「屍者」をめぐる冒険がいま幕を上げる……。

JORGE JOESTAR

  • 『JORGE JOESTAR』

  • 舞城王太郎
  • 集英社
  • 1,995円(税込)
  • 2012年9月
  • 推薦文を書く

無数の世界にわたるディオとジョースター家の因縁の物語が、舞城王太郎の手により時代を時空を超えてここに誕生! 超ド級のジョジョ愛に溢れた空前絶後の「ファン小説」ッ!

スワロウテイル序章/人工処女受胎

  • 『スワロウテイル序章/人工処女受胎』

  • 籘真千歳
  • ハヤカワ文庫JA
  • 966円(税込)
  • 2012年9月
  • 推薦文を書く

人工妖精を密かに処分する「揚羽」は、死んだはずの科学者の陰謀を見出す。神と人間、被造物としての人間。普遍的なテーマを組み込んだ人気シリーズの前日譚たる連作中篇集。

空飛ぶ広報室

  • 『空飛ぶ広報室』

  • 有川浩
  • 幻冬舎
  • 1,680円(税込)
  • 2012年7月
  • 推薦文を書く

不慮の事故でパイロット資格を剥奪された戦闘機パイロット空井大祐。彼の転勤先は個性的な先輩たちがいる広報室だった。東日本大震災を自衛隊目線で考えられる長篇小説。

ダークゾーン

  • 『ダークゾーン』

  • 貴志祐介
  • ノン・ノベル(祥伝社)
  • 1,260円(税込)
  • 2012年8月
  • 推薦文を書く

人間が異形と化した駒、敵駒として生き返る戦士などの奇妙な戦闘条件。廃墟の島での戦いは、どこか将棋にも似ていたが…。新感覚バトルロワイアルの幕が切って落とされた。

倒立する塔の殺人

  • 『倒立する塔の殺人』

  • 皆川博子
  • PHP文芸文庫
  • 720円(税込)
  • 2011年11月
  • 推薦文を書く

戦時中のミッションスクール。少女達の間の小説の回し書きと、実際の事件が交錯する。物語と現実が絡み合う万華鏡のように幻想的なミステリー。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

  • 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

  • 東野圭吾
  • 角川書店
  • 1,680円(税込)
  • 2012年3月
  • 推薦文を書く

時空を越えて交わされる、温かな手紙。東野圭吾が新たに送る、「時生」以来のタイムスリップ。その奇蹟に感涙の声続々、著者史上最も泣ける感動作。

南極点のピアピア動画

  • 『南極点のピアピア動画』

  • 野尻抱介
  • ハヤカワ文庫JA
  • 651円(税込)
  • 2012年2月
  • 推薦文を書く

月への彗星の衝突により形成された双極ジェット。それを利用して飛ぶ宇宙船が、ピアピア動画に集まったピアピア技術部の力により作られた。今、恋人を乗せて宇宙船は旅立つ。

ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1

  • 『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1』

  • B.ボンド,P.N.モーゼズ
  • エンターブレイン
  • 1,260円(税込)
  • 2012年9月
  • 推薦文を書く

ニンジャを殺すニンジャ、ニンジャスレイヤーは、今日もネオサイタマの宵闇に復讐を行う。英米発、Twitter経由で語られる、全く新しいサイバーパンクニンジャ活劇。

BEATLESS

  • 『BEATLESS』

  • 長谷敏司
  • 角川書店
  • 1,890円(税込)
  • 2012年10月
  • 推薦文を書く

少年は機械によって作られた「モノ」と出会い、そしてある選択を迫られる――人間と「モノ」の存在意義は? 私たち人間が選ぶ道とは? そして、少年は決断する。

ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 578円(税込)
  • 2012年6月
  • 推薦文を書く

ビブリア古書堂には、物静かで美しく聡明な女性店主がいる。彼女と古書堂の青年店員が、古書にまつわる数々の事件に出会う物語の3作目。

百年法 上・下

  • 『百年法 上・下』

  • 山田宗樹
  • 角川書店
  • 各1,890円(税込)
  • 2012年7月
  • 推薦文を書く

GHQによる共和制のもと、不老不死が実現した社会。しかし同時に制定された、必ず百年後に死ななければならない「百年法」。数々の国難を抱える日本に向けた、娯楽大作!

ひらいて

  • 『ひらいて』

  • 綿矢りさ
  • 新潮社
  • 1,260円(税込)
  • 2012年7月
  • 推薦文を書く

不器用で荒々しい、自分のことを考え、ただやみくもにまわりをなぎ払い、駆けていく初恋。女子高生・愛が恋した男子には恋人がいた。傷ついても、心を開いて生きていく物語。

伏 贋作・里見八犬伝

  • 『伏 贋作・里見八犬伝』

  • 桜庭一樹
  • 文春文庫
  • 700円(税込)
  • 2012年9月
  • 推薦文を書く

江戸では犬の血が流れる異形の者、“伏”による凶悪事件が頻発。伏狩りにやってきた猟師の少女・浜路に語られたのは「贋作・里見八犬伝」。それこそが真実の物語だった!

ふたりの距離の概算

  • 『ふたりの距離の概算』

  • 米澤穂信
  • 角川文庫
  • 580円(税込)
  • 2012年6月
  • 推薦文を書く

春。神山高校古典部にも一年生が入るが、ある日突然謎の状況と共に入部を取りやめてしまった。一体何が原因だったのか? 奉太郎は推理する。マラソン大会の20kmを走りながら。

マツリカ・マジョルカ

  • 『マツリカ・マジョルカ』

  • 相沢沙呼
  • 角川書店
  • 1,575円(税込)
  • 2012年2月
  • 推薦文を書く

柴山祐希、高校1年生。冴えない学園生活を送っていたが、廃墟に住む妖艶な美少女マツリカと出会う。彼女に翻弄されつつ、学園の謎を調査することに――。

惑いの森 50ストーリーズ

  • 『惑いの森 50ストーリーズ』

  • 中村文則
  • イースト・プレス
  • 1,575円(税込)
  • 2012年9月
  • 推薦文を書く

植物になりたい青年。毎晩25時に現れる男。芥川賞作家が贈る、切なくも温かい初のショートストーリー集。「暗いんだけど、心地よい。読むと救われる」ピース又吉も絶賛!

和菓子のアン

  • 『和菓子のアン』

  • 坂木司
  • 光文社文庫
  • 700円(税込)
  • 2012年10月
  • 推薦文を書く

和菓子と人、どちらにもそれぞれの物語がある。行き会う人々と小さな謎に触れながら、アルバイト店員の杏子は成長していく。デパ地下の和菓子売場を舞台にしたミステリー。

★候補作品に選ばれた作品以外にもたくさんの投票がありました。