空飛ぶ広報室

  • 『空飛ぶ広報室』

  • 有川浩
  • 幻冬舎
  • 1,680円(税込)
  • 2012年7月
  • 不慮の事故でパイロット資格を剥奪された戦闘機パイロット空井大祐。彼の転勤先は個性的な先輩たちがいる広報室だった。東日本大震災を自衛隊目線で考えられる長篇小説。

彼らの仕事と私の理解

推薦文No.7-1
明治学院大学文芸部

 2012年夏、有川さんの新刊が出たと知った。タイトルは「空飛ぶ広報室」。広報室ということはメディア関係の話だろうか、しかし空を飛ぶとはどういう意味だろう。書店で表紙をみると、そこには戦闘機の写真があった。そうか、自衛隊か。
 私は自衛隊についての知識がほとんどない。陸軍・海軍・空軍と陸自・海自・空自の違いもわからなかったし、もちろん戦闘機の名前はわからないし、基地や駐屯地もニュースでよく聞くものしか覚えていない。そんな人間がいる反面、そんな人々に自衛隊のことを伝えようと力を尽くしている組織があることを知った。彼らは自らを裏方と称し、国民の自衛隊への理解を深めてもらうために日々奔走している。それが広報室だ。

 主人公は元戦闘機パイロットで現航空自衛隊の広報官。名前は空井といって、周囲からは航空自衛隊にぴったりとの評判をもらっている。そんな彼の夢は、戦闘機パイロットの精鋭集団「ブルーインパルス」に入ることだった。内示もでて、タックネームも決め、夢が現実になるまであと一歩だった彼を悲劇が襲う。戦闘機パイロットになるための適正は厳しい。空井が事故で故障した膝は日常生活に支障がないほどには回復したが、パイロット業務への復帰には足りなかった。
 パイロットを罷免された空井が配属されたのは広報室だった。そこにいたのは老若男女関わらず芸能人チェックを欠かさないミーハー室長をはじめとする、どこか癖のある広報官たちだ。彼らはとてもかっこいい。「自衛隊について不本意な発言をされるのは広報の努力が足りてないせいだ。だから広報官はそれに怒りをぶつけてはならない。」自衛隊を批判する言葉に対して怒鳴り返した空井にそう諭すミーハー室長の言葉を読んで衝撃を受けた。広報官の方々にとって、私たちの反応がそのまま仕事の評価なのだ。その評価が良い悪いに関わらず受け止めて次につなげようとするのが広報室で、ミーハー室長たちはその覚悟ができている。広報という仕事に誇りを持っているからこそできる考え方なのだろう。やはりかっこいい。
 着任してしばらくすると、空井はテレビ局の長期取材で来たディレクターのアテンドを任される。そうして出会ったのが稲葉という女性ディレクター。彼女は自衛隊の取材を任されてはいるが知識は全くない。加えて、自衛隊に良い印象を持っていない。きっと彼女が私たちなのだろう。
 広報室は、国民に自衛隊の活動を理解してもらうことが仕事だ。特に、稲葉や私のように何も知らない人間に理解してもらうことが必要なのだと思う。そのために、ドラマの撮影協力や自衛隊のCM撮影など、様々な案件を手がけていた。それらを通して空井は、パイロットという職を失ったのではなく広報官という新しい職を得た、そう考えるようになっていく。
 素材になっている分野について知識がなくても、泣いて笑って楽しめるのが有川さんの書く小説だ。自衛隊モノ、というところで手を出しあぐねていた方々にもぜひ挑戦して欲しい。この作品は昨年度ノミネートされていた図書館戦争シリーズよりも恋愛要素は抑え気味だが、ないわけではないのでそこもお楽しみに。空井が「広報官になったパイロット」から「元パイロットの広報官」に変わっていく様子を、広報室の面々と一緒に見守ってみてはどうだろうか。

 最後に。この作品が出版されたのは2012年の夏だが、本当は一年前に出版される予定だったそうだ。遅れた理由は、誰もが知っている大震災での自衛隊を書くためで、そうして書き下ろされたものが「あの日の松島」だ。本編後の稲葉が宮城県の松島基地へと取材に行き、震災当時の様子や復興支援についての話をしている。私たちがテレビを通して見ていた自衛隊と、「あの日の松島」で読む自衛隊、両方あわせて知っていて欲しいと思う。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品