南極点のピアピア動画

  • 『南極点のピアピア動画』

  • 野尻抱介
  • ハヤカワ文庫JA
  • 651円(税込)
  • 2012年2月
  • 月への彗星の衝突により形成された双極ジェット。それを利用して飛ぶ宇宙船が、ピアピア動画に集まったピアピア技術部の力により作られた。今、恋人を乗せて宇宙船は旅立つ。

ピアピア動画に垣間見る未来

推薦文No.11-2
中央大学文学会

 『南極点のピアピア動画』は作品内の動画サイト「ピアピア動画」でのコミュニティから始まった小さな流れが、やがて大きなプロジェクトやファーストコンタクトへと繋がっていくというSF小説だ。
 『南極点のピアピア動画』の特筆すべき点はその地の足についた未来観だ。
 もちろん、現在との乖離している点は当然ながら多数存在している。
 しかし、本書内で描かれる未来観というのは、現在の若者のサブカルチャーを形成する大元の一つとなっている「ニコニコ動画」や「ボーカロイド」といった、少しでも現代のネット文化についての視野がある人(もしくはオタク的素養のある人)ならば即座に理解の出来る物をベースとしており、そこに小難しさは無く、これまで本を手にとったことの無いような人であったとしてもその内容を理解し、楽しむことが出来る。
 また、そのような本書で描かれる未来図は非常に明るい。
 見方によっては「楽観的」とすら映る。
 しかし、それ故に本書の価値は大きいように思える。
 これまで人々が積み重ね上げた物、それを「素晴らしいもの」「楽しいもの」と描く視点は他の小説ならば中々見られない。
 震災、不景気などでネガティブな面が強調されがちな現代、もちろんそれらを忘れていいわけではない。
 しかしだからこそ、現代までに作られた地盤から作られる地続きの「希望」を垣間見る必要があるのではないだろうか。
 本書のインターネット内で行われるやり取りは非常に和やかだ。
 見知った人々でワイワイ話す感覚と言ってもいい。
 そんなやり取りが次第と多くの人々を動かす大きな流れへと変わっていく。
 チャンスというのはどこにでもあるのかもしれない、そんな風なことを考えられる。
 そんな小さなキッカケからやがて未知との遭遇へと繋がっていく、それが本書の最大の魅力だ。
 会話の裏や、悪意を探す必要は無い。
 ただ「面白い!」があればそこからいくらでも世界を拡げていける。
 そんなメッセージを感じられる。
 『南極点のピアピア動画』底抜けの明るさを持ったSFというのはきっと『今』のポジティブな面を、観察したからこその本書だからだろう。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品