南極点のピアピア動画

  • 『南極点のピアピア動画』

  • 野尻抱介
  • ハヤカワ文庫JA
  • 651円(税込)
  • 2012年2月
  • 月への彗星の衝突により形成された双極ジェット。それを利用して飛ぶ宇宙船が、ピアピア動画に集まったピアピア技術部の力により作られた。今、恋人を乗せて宇宙船は旅立つ。

ボーカロイドちゃんマジ天使!

推薦文No.11-3
早稲田大学早稲田ミステリクラブ

 高校生のとき、ニコニコ動画に熱中していた。特にボーカロイドと呼ばれる音声ソフトウェアを使って作成された「ボカロ曲」を再生しまくった。デッドボールPのちょっとHな曲にニヤニヤし、wowakaやcosMo@暴走Pの作る超絶早口曲を練習した。あの時の私にとって、初音ミクをはじめとするボーカロイドたちは、いちばんアツい「歌手」だった。
 いま、初音ミクはあらゆる業界からひっぱりだこ。活動の場所はニコニコ動画に限らず、ファミリーマートにも、GoogleのCMにも、紅白の出場だって噂されている。
 そんな初音ミクが登場するSF小説がある。野尻抱介の『南極点のピアピア動画』。登場する固有名詞や背景は若干異なり、いちばん有名なボーカロイドの名前は小隅レイだし、動画サービスはピアピア動画。運営元はピアンゴだ。でもまあ、頭の中で単語を置換しても違和感はない。
 今より10年後の話。レイは国民的に受け入れられており、国家事業のアイコンとして用いられるほどだ。テクノロジーは地道に進歩していて、ロボットも宇宙事業も今よりも発達している。ただし、あくまでもその発展は地続きだ。見たこともない新物質が発見されたわけでもないし、宇宙戦争が始まっていたりもしない(新物質モノなら、同じく野尻の『ふわふわの泉』を読みましょう)。
 小隅レイは大活躍をしている。――というよりも、レイを中心にして、技術者たちが目を輝かせて活躍している。
 一話の「南極点のピアピア動画」では、南極点から宇宙に飛び立つプロジェクトが起こる。発案者は月面探査の研究をしていた大学院生。彗星の月面衝突によって探査の計画は白紙、恋人までもが彼のもとを去った。けれど諦められない彼は、恋人としていた約束――「月に連れて行く」を果たそうとする。普通なら頓挫する計画。けれどそのプロジェクトが「宇宙男プロジェクト」と名づけられ、「レイが描かれたロケットで彼女を月へと連れていく」「レイが恋人達を宇宙へと導く」という「物語」を獲得した瞬間に可能になる。10年後の世界になっても、結局頑張っているのは人間だ。二話の「コンビニエンスなピアピア動画」も、三話の「歌う潜水艦とピアピア動画」も同じ。そして書き下ろしの四話「星間文明とピアピア動画」ではこれまでに登場したキャラクターが総動員され、ボーカロイドファン大喜びの世界が展開される。
 作者の野尻はニコニコ動画のヘビーユーザーで、「尻P」と名乗り動画の投稿もしているし、ニコ動の危機を支えたこともある(この辺りはドワンゴ会長の川上量生による文庫解説に詳しい)。
 では、本書はニコニコ動画のファンのために書かれた、ファンのためだけの本なのか?――もちろんそんなことはない。本書に出てくるSF的なアイデアは、実際の実際の素材やプロジェクトをベースにしている。双極性ジェットを利用した宇宙航海、機械が機械を自己生産する工場、宇宙エレベーター、ソナーを用いた鯨との会話。フィクションとしてある程度「盛られた」部分もあるが、「10年後の世界は、もしかしたらこうなっているのかもしれない」というワクワク感がある。技術者たちのオタクっぽくアツい喋り口も楽しい。四話の展開には、「よくわかんないけど、分子アセンブラ、すげー!」と叫んでしまう。
 初音ミクは、プロとアマチュアの垣根を壊してくれた存在だった。それと同じように、SFファンとニコ厨(ニコニコにハマっている人のことをこう称す)の隔たりもなくしてくれることだろう。ミクのファンがSFにハマり、SFファンが初音ミクにハマる。さーみなさんご一緒に、ボーカロイドちゃんマジ天使!

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品