ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 578円(税込)
  • 2012年6月
  • ビブリア古書堂には、物静かで美しく聡明な女性店主がいる。彼女と古書堂の青年店員が、古書にまつわる数々の事件に出会う物語の3作目。

珈琲片手に珠玉の一冊を

推薦文No.13-1
長崎ウエスレヤン大学ぶっく倶楽部

「目から鱗」という言葉がある。
まさに、そんな感覚だ。
書店で手に取った本は必ず一頁読むことにしている。
そこで先を読めるかどうかを決める。
小さな古書堂を舞台に物静かに本に秘められた作者の思いと
読み手の間にある謎を女店主の篠川栞子と見習い店員の五浦が
淡々と解き明かしていく。
一冊の本に描かれている人間模様や作品の背景、
作者のメッセージが自分の過去、現在、未来とシンクロする。
誰にでもこの一冊は手放したくないというお気に入りがあり、
そこには十人十色の生き様や思いがある。
いつしか、淡々と穏やかな暖かさに引き込まれる。
そんな気分になる。
そしてこの一冊を読みながら、謎を解く鍵となる古書をも
読んだ気にさせる一石二鳥感。
純文学も難しい事典もジャンルを問わずに。
小さな佇まいの一空間もストーリーの世界も満喫できる。
格別に薫り高い珈琲を味わいながら、煙草を燻せながら、
ゆったりと腰を据えて読みたい。そんな一冊。
今までにない古書が鍵となる謎を解き明かすビブリオミステリ。
一冊の古書から持ち主の心境や謎の全容。
すべてを推理し読み解くビブリア古書堂店主、篠川栞子、
活字恐怖症で栞子に思いを寄せる見習い店員、五浦大輔。
二人の関係も深まってくるシリーズ第三巻。
更に二月には第四巻の発売も決定、漫画化や
剛力彩芽とEXILEのAKIRAによる実写ドラマも
放送されている。
ひそかに話題の作品。
古書に詳しくない人も詳しい人も
つい古書堂に足を運びたくなる。
自分にはどんな本が合っているのか、
今、どんな本を読みたいのか教えてくれる。
読書好きには堪らない最高の一冊。
是非、読んで欲しい。
そして聞かせて欲しい、
あなたの手放したくない一冊は何か。
その一冊に、どんな物語と思いが秘められているのかを。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品