ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 578円(税込)
  • 2012年6月
  • ビブリア古書堂には、物静かで美しく聡明な女性店主がいる。彼女と古書堂の青年店員が、古書にまつわる数々の事件に出会う物語の3作目。

まずは1巻2巻を読んでから

推薦文No.13-2
明治学院大学文芸部

 この本は、『ビブリア古書堂の事件手帖』の、第3巻である。
 だから、この本を読む前に、1巻と2巻を読んでほしい。そうしたら準備は完成だ。
 後は、ゆっくりと落ち着いて読める自分のスペースで、本を広げるだけだ。

 本が好きで、本のこととなると人が変わる女店主、篠川栞子と、幼いころのトラウマで本が読めない店員の五浦大輔が働くビブリア古書堂とその周りでは、今日もまた古書にまつわる事件が起こる。事件といっても殺人とかではない。古書というものの裏側に隠された物語を読み解いていく話だ。

 この巻では『たんぽぽ娘』、『春と修羅』といった古くて読んだことのない人が多いであろう本の話がでるが、栞子が断片的ではあるが、大輔に対し説明するという形で本の内容が説明されているため、古書の知識は必要ない。だから読むのを中断してインターネットで検索して~といった手間は要らない。そんな感じで話はわかりやすく進んでいく。

 古書には中身以外にもストーリーがあることをこの小説は教えてくれる。古本屋などで本を購入すると、ときどき前の人が使っていたしおりや、その本が初めて購入された時の本屋のレシートなんかが挟まっていたりする。邪魔くさいなと思うことがほとんどだろうが、この小説を読んだ後だと、どんな人が購入して手放したのだろうかということが気になるかもしれない。本がただ邪魔だったのかもしれないし、お金に困って売ったのかもしれない。だけど、こういうことがあって売ったのかななんてことを妄想するとなかなか楽しいだろう。

 この本を読んだ後は、古本屋を巡るのが楽しくなるだろう。この小説の中に出てきた本を発見したら少しテンションが上がるだろう。本好きならばなおさらだ。

 今までただの古本だと思っていたものの見方も変わるだろう。もしかしたら何かメッセージが本から出てくるかもしれないなんて考えながらページをめくる。そんなことをしてみるのもいいと思う。


 だから自分は、本が好きな人には、この本を勧めたい。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品