ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉

  • 『ビブリア古書堂の事件手帖〈3〉』

  • 三上延
  • メディアワークス文庫
  • 578円(税込)
  • 2012年6月
  • ビブリア古書堂には、物静かで美しく聡明な女性店主がいる。彼女と古書堂の青年店員が、古書にまつわる数々の事件に出会う物語の3作目。

とにかく本が好き

推薦文No.13-5
新潟大学文芸部

 本棚に張り付けられた新刊予告、ずらりとならんだ背表紙、本が発する独特のにおい。どれも本屋に行けばかならず経験することだと思います。みなさんは本屋に足を踏み入れると、なんだかワクワクするという経験はありませんか? 筆者は某大型書店に行くとかならずこの感覚(症状)にとらわれるのですが......。特に古書店に行くとこの感覚は強くなります。あの古紙とほこりが醸し出す独特の空気は、本好きにはたまりません。おっとそんなことを書いているとホントに古書店へ走りたくなりますね。この推薦文を読んでいる人達なら分かっていただけると思います。そういえば推薦文なのにここまでまったく作品に触れていませんでした。いい加減おまえはなにが言いたいんだ、というツッコミがきそうなので、ズバリ答えてしまいましょう。筆者が言いたいのは、『ビブリア古書堂の事件手帖』が、素晴らしい作品だということです。いやいやどうして話がそこまで飛躍するんだ、というツッコミが返ってくるでしょうね。話を少し巻戻すことにしましょう。『ビブリア』(親しみを込めてこう呼ばせてもらいます。)は題名のごとく、古書店を舞台にしています。読んだ人なら分かると思いますが、古書店の様子が細かく描写されています。古書の扱い方から流通システムまで、勉強になりますね。ですから栞子さんや五浦くんがまるで現実の人物のように読めてしまうのは、必然だったと言えるでしょう。栞子さんが熱く語る本はどれも実在することも拍車をかけているのだと思います。彼女の古書についての薀蓄もこれまた魅力です。(作中に出てきた本を読もうと思ったのは筆者だけではないはず)彼女の語りのなかで共通するのは、本を大切することです。なんだか道徳めいていますが、これは読めば読むほど感じます。こんなに本を大事にしてくれる人がいると、安心しますね。この安心感を言葉で表現すると、やった自分の同志がいたというところでしょうか。ああもうビブリア古書堂に行きたくなってきますね。こんなふうに人と本が有機的に結び付く物語に出会えることは、読書好きへの最高のプレゼントだと思います。最後にこの作品の衝撃の結末について触れたいと思います。いや冒頭のあれがあの伏線だったとはね......。ネタバレをしないように気を付けてみましたが、分かる人には分かってしまいそうで怖いです。ともかく『ビブリア』は古書と人間が幸せな出会いをはたした、稀有な作品であることは間違いないでしょう。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品