百年法 上・下

  • 『百年法 上・下』

  • 山田宗樹
  • 角川書店
  • 各1,890円(税込)
  • 2012年7月
  • GHQによる共和制のもと、不老不死が実現した社会。しかし同時に制定された、必ず百年後に死ななければならない「百年法」。数々の国難を抱える日本に向けた、娯楽大作!

「不可能」は存在しないが、「可能」となったその先は...

推薦文No.14-2
白百合女子大学推理小説研究会

 もの凄い本を見つけてしまった。『百年法』はまさにここ最近読んできた本の中で断トツ心に明るい光が灯り、大声で叫びたくなるような本であった。

 「不老不死が実現してしまった人間の社会」。まずこの設定に惹かれたのがこの本を読むきっかけだった。読んでいくと、不老不死の技術が完成してしまったことによる、各国の対応や、政治の問題点の浮き彫り、また親子関係の変化など社会シミュレーションが細部まできっちりと描かれている。さらに話の内容は、百年法という法による社会情勢の説明と政治家の動きだけでなく、一般市民の生活と不死者の百年法に対する心情描写がきっちり書かれており、2つの視点を比較しながら交互に読み、楽しむことができた。

 不老の技術が行われ、百年法までタイムリミットが近づくと、それぞれの登場人物の不老に対する発言に度々考えさせられた。特に、由基美の「永遠を生きるには人間は複雑すぎる」という発言に頭を抱えたくなった。人間は死を怖がりつつも、結局は死がなくなり永遠が続くことに恐怖を抱くのだろうか。死に向かうまでのタイムリミットがあるからこそ人は人として生きられるのであろうか。こういった疑問を読むたび読者に叫びかけてくるのだ。

 昨年ノーベル生物学・医学賞を受賞した山中伸弥先生によるiPS細胞の発明など、世界ではどんどん科学が進歩し続けている。しかし、同時にそれは未来、人から死を遠ざけるものになりえ、そこからどのような問題点が出てきてしまうのかを、この本により垣間見ることができた。

 この本がフィクションでなく、現実に未来起きてしまいそうなところが私たちに恐怖感を味わわせる。作者である山田宗樹さんは「これ以上のものは書けません。」とこの作品を評していたが、私たち読者も「これ以上のものは読めません。」の一言である。それほど『百年法』を読んでいて、最後まで胸が弾みっぱなしである本だった。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品