伏 贋作・里見八犬伝

  • 『伏 贋作・里見八犬伝』

  • 桜庭一樹
  • 文春文庫
  • 700円(税込)
  • 2012年9月
  • 江戸では犬の血が流れる異形の者、“伏”による凶悪事件が頻発。伏狩りにやってきた猟師の少女・浜路に語られたのは「贋作・里見八犬伝」。それこそが真実の物語だった!

伏学事始

推薦文No.16-2
法政大学もの書き同盟

 因果。
 『どんな物事にも始まりと終わりはある』もの。
 南総里見八犬伝。
 かの曲亭馬琴が生み出した夢物語。八人の選ばれし犬士たちを巡る因縁の物語。
 これを因とするならば、「贋作・里見八犬伝」と銘打った、一人の猟師娘・浜路と見目麗しい犬人間・信乃との物語とは、一体何なのだろうか。

 などと仰々しく書いてみたものの、それは誰にもわからないようにも思う。
 私はこの物語を薦めるにあたって、「こんなお話ですよ」と断言できないのが歯がゆい。
 この「伏」という物語には、あまりにも多くの要素が詰め込まれている。読めば読むほど、まるで万華鏡のように、がらりと世界が変わっていくことが何とも憎らしい。
 腕利き猟師娘の痛快捕り物帳? 人と犬人間である伏との淡い恋物語?
 周囲に溶け込むことのできない伏の悲劇的な運命を描いているのか。
 それとも、兄と妹の、姉と弟の、親と子の、祖父と孫の、家族の物語なのだろうか。
 個性豊かな登場人物たちが、「私こそが真の主役です」と言わんばかりに物語を闊歩していくので、この物語が一体何なのかがどうにも浮き出てこない。

 しかし、こんなにたくさんの要素があるからこそ、私たち読み手にとっての「伏」という話が想像、ないし創造できるのではないだろうか。
 「贋作」とは、本物ではないもの。本物を捻じ曲げたもの。そうだとするのなら、私たちがこの物語からくみ取ったものを、どのように捉えてどのように思うか、ということも、また「贋作」作りなのかもしれない。
 万華鏡は無限の組み合わせで筒の中の世界を変えていくという。とにもかくにも、私はこの物語を読んだ人がどんな要素を摘み取って、「贋作」を作ったかが気になってたまらないのだ。私がこの話でどのような「贋作」を作ったのかを聞いてもらいたいのだ。このことを因として、新たな出会いがあるかもしれない。
 というのはいささか言い過ぎか。
 
 さて、それではそろそろ、この挨拶を「果」として、終わりにいたしましょう。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品