和菓子のアン

  • 『和菓子のアン』

  • 坂木司
  • 光文社文庫
  • 700円(税込)
  • 2012年10月
  • 和菓子と人、どちらにもそれぞれの物語がある。行き会う人々と小さな謎に触れながら、アルバイト店員の杏子は成長していく。デパ地下の和菓子売場を舞台にしたミステリー。

和菓子のアン

推薦文No.20-3
美作大学図書館ボランティア

 本のタイトルにもある和菓子。「和菓子よりも、洋菓子の方が好き」という人の方が多いのではないだろうか。私も、どちらかというと洋菓子の方が好きだ。好きというよりも親しみがある。和菓子というと、「高級感」や「固い」、「めったに食べない」というイメージが固執しているのではないだろうか。そんなイメージから和菓子屋には、入りにくい雰囲気を感じていた。
 しかし、この本を読むとそのような雰囲気がいっきに変わった。
 和菓子屋を舞台にしたこの物語は、主人公の梅本杏子が今の自分には将来の夢や進路がはっきりしていないと語るところから始まる。この杏子の心中に同感した読者は幾人かいるのではないだろうか。実は、私もその中の1人である。高校の卒業時に漠然と進学の道を選んだが、いざ入学してみても自分のやりたいことは中々決まらなかった。専門学科に所属していたため、必然と進むべき職種は決まっていた。しかし、職種が決まったところで「果たして自分にできるのか?」という疑問や不安が生まれてきた。
 杏子は、働く両親の姿を見て「進学するよりも、バイトをしてピンとくる何かを見つける」という道を選んだが、ここには杏子の性格がよく映されている。もともと杏子は、自分自身をよく分かっている。分かっているというよりも、少し冷めた目線をもっており、世の中そのような視点でとらえているといった方が適している。
 このような性格の杏子が決めたバイト先は、少しの裏の顔を持つ従業員のいる和菓子屋である。個性広がる、温かい職場で繰り広げられる物語がこの本の主軸だ。中でも、従業員同士の会話や、杏子とお客さんとのやりとりが面白い。和菓子の世界で使う言葉は、時に素人には理解されていないものがある。和菓子について素人の杏子が、お客さんからの言葉に翻弄される場景を容易に想像することができ、読んでいてほほえましく感じるところが、魅力である。
 最後に、バイト先の立花さんがアンに言った言葉には立花さんの持つ心のあたたかさが表れていると思う。このあたたかさを受けて杏子はどのような心境だったのかは、想像しやすい。しかし、この後の二人の関係性の変化を想像することも作品の醍醐味だろう。これは、この物語ではなく多くの本にも言えることだ。そのため、この本をより多くの人に読んでもらって、各読者の意見を聞きたいと私は感じている。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品