贈賞式を開催!

repo01.jpg

2013年6月7日(金)、東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で「2013大学読書人大賞」の贈賞式を開催しました。

会場には文芸サークルに所属する大学生143名と出版関係者13社14名が集い、大賞作『南極点のピアピア動画』(野尻抱介/ハヤカワ文庫 JA)への贈賞と、候補作品の推薦者となった大学文芸サークルへの表彰を行いました。

大賞作の著者・尻Pこと野尻抱介先生にご参加いただき、会場は大変な賑わいを見せました。

創造の中心としての初音ミク

images/repo02.jpg

ニコニコ技術部のTシャツを着て壇上に現れた野尻先生。

「前途洋々たる学生の皆さんばかりで…」と会場に集まった学生たちが発するパワーを評しつつ、受賞作『南極点のピアピア動画』にかけた思いを語ってくださいました。

本作のきっかけとなったのは、2006年から秋田大学で行われた、地元の女子高生にロケットの制作・打ち上げを体験してもらう「ロケットガール養成講座」に参加したことや、2007年に初音ミクが登場し、ニコニコ動画で一大ムーブメントとなった際、技術や物づくりでもって初音ミクを盛り上げようとするムーブメントもあり、そこに「創造の連鎖」とも言うべきパワーを感じたこと、だそうです。そしてその「創造の連鎖」の中心にいた、「人にあらざるもの」初音ミクを囲んで皆が幸せになる図、それを小説にしたのが『南極点のピアピア動画』とのことでした。ニコニコ動画と宇宙への思いを熱弁してくださった野尻先生の目が、少年のようにきらきらと輝いていたのが印象的でした。

また、「日頃からTwitterやニコニコ動画で活動しているので、皆さんもお気軽に語りかけていただければ」と気さくにおっしゃいました。

「野尻先生、仕事してください」

repo03.jpg

『南極点のピアピア動画』を推薦した獨協大学文芸部の齋藤史弥さんは「この作品を皆に読んでもらいたいという思いが伝わったのが受賞の理由」とはにかみながら語ってくださいました。

最後に「野尻先生、仕事して下さい」と直接訴えかける齋藤さん(笑)

新作を楽しみにする気持ちが誰よりも強い齋藤さんからの一言、これには野尻先生も笑ってらっしゃいました。

野尻先生を囲んで

repo04.jpg

終始和やかな雰囲気に包まれていた2013大学読書人大賞贈賞式。

歓談の後には野尻先生を囲んでのサイン会も行われました。さすがは大学生に最も読んでほしい本の著者、ひきもきらない希望者に、場所を改めて続行する一幕も。

次回作を待ち望む大学生が多いことをひしひしと感じられたはずの野尻先生には、是非とも執筆活動をして頂きたいものですね。

【2013大学読書人大賞 贈賞式の模様はこちらから】


Video streaming by Ustream

さて、2014大学読書人大賞は既に始まっています。次回の選考対象作品は2012年11月1日から2013年10月31日までに日本国内で第一刷が発行されたすべての本です。
既に対象期間の半分が経過していますね。皆さまお勧めの一冊と共に、是非次回の2014大学読書人大賞にもご参加ください。
次回も熱い推薦をお待ちしています!

お問い合わせは dokushojin@jpic.or.jp まで。

(写真=長谷川雄紀)