最優秀推薦文を発表!

推薦文への投票の結果、最優秀推薦文および最終候補作品が決定しました。最優秀推薦文を書いたサークルの代表者が、5月11日(日)に東京・神楽坂に集まって、公開討論会を行い、「2014大学読書人大賞」が決定します。

昨日まで不思議の校舎

  • 『昨日まで不思議の校舎』

  • 似鳥鶏
  • 創元推理文庫
  • 714円(税込)
  • 2013年4月刊
  • 最優秀推薦文を読む

コミカルな学園ミステリ・シリーズ第5弾! ミステリーの複雑さ、スピード感はシリーズの中で一番力が入ってます! 七不思議に興味がある方は是非、読んでみてください!

>> 推薦文の一覧はこちら

こうしてお前は彼女にフラれる

  • 『こうしてお前は彼女にフラれる』

  • ジュノ・ディアス
  • 新潮社
  • 1,995円(税込)
  • 2013年8月刊
  • 最優秀推薦文を読む

どうしていつもうまくいかないのか。著者の前作にも登場した浮気をやめられないモテ男ユニオールを主人公に、彼と女性たちの関係を描く、ピュリッツァー賞作家による短編集。

>> 推薦文の一覧はこちら

鳥葬 まだ人間じゃない

  • 『鳥葬 まだ人間じゃない』

  • 江波光則
  • ガガガ文庫(小学館)
  • 620円(税込)
  • 2013年5月刊
  • 最優秀推薦文を読む

かつて犯した「殺人」の過去を交換した八尋が死んだ。主人公・陵司に「過去に殺される」とのメールを残して。事件の記憶を核に、少年少女の心の内を描く群像劇。

>> 推薦文の一覧はこちら

富士学校まめたん研究分室

  • 『富士学校まめたん研究分室』

  • 芝村裕吏
  • ハヤカワ文庫JA
  • 756円(税込)
  • 2013年10月刊
  • 最優秀推薦文を読む

合理的なアラサー工学系技官の藤崎綾乃は、理不尽な職場への復讐をするためロボット戦車の研究に没頭するが・・・・。国防、恋愛にきな臭い極東情勢も絡んだ近未来SF。

>> 推薦文の一覧はこちら

マリアビートル

  • 『マリアビートル』

  • 伊坂幸太郎
  • 角川文庫
  • 780円(税込)
  • 2013年9月刊
  • 最優秀推薦文を読む

殺し屋たちが入り乱れる様はまさに異常! いくつもの伏線を覚悟しながらも、このしてやられた感がなんともいえない! 読んでいくにつれ気持ちがどんどん高まる作品です!

>> 推薦文の一覧はこちら

★二次投票で応募いただいた全ての推薦文を公開中です。