遠野物語remix

  • 『遠野物語remix』

  • 京極夏彦×柳田國男
  • 角川学芸出版
  • 1,470円(税込)
  • 2013年4月刊
  • 日本民俗学の創始者・柳田國男の「遠野物語」を、読みやすく、分かりやすく、そして面白く。“怪異”作家と謳われる京極夏彦の手で今、新たな「遠野物語」が紡がれる。

身近に感じる遠野物語

推薦文No.10-3
明星大学文学研究部

 『遠野物語』名前くらいなら知っている人も多いだろう。妖怪や幽霊といった系統の不思議な話が好きな人にとって一度は読んでおきたい作品だろう。特に有名な河童、山女や狐に化かされた話などは、『遠野物語』としてではなくとも聞いたことがあるのではないかと思う。
 しかし、意気込み大きく原作をいざとってみると『遠野物語』の表現の難しさや書き方の難解さにすこし弱気になってしまう人も多いのではないだろうか。私も遠野物語を一度は読まなければと思い、図書館で借りたこともあったのだが、恥ずかしながら難読さに諦めてしまった。その後もう一度頑張り全部読んでみた。が、起こった事実は頭に残っているのだが必死に読むあまり物語の感想や考えをもつ余裕はなく、自分の不甲斐なさになんともいえない気持ちになってしまった。
 そんな私のような人、勿論読んだことないという人には、是非この『遠野物語remix』を勧めたい。今回この『遠野物語』を編纂した京極夏彦という小説家、妖怪や幽霊などの民話伝承に対する愛がとてつもなく大きい。実際彼の書いた作品を読んでみると、妖怪への愛が深いことがすぐにわかるだろう。代表作である『百鬼夜行シリーズ』も妖怪がメインの話となっている。そんな民族学の創始者である柳田國男と京極夏彦がタッグを組んだこの『遠野物語remix』はとても素晴らしい仕上がりになっている。
 まず、難解な表現を小説風に書く事でとても読みやすくなっている。なにより『遠野物語remix』は物語の順序を原作と変えているのが特徴である。Opening Apart Bpart Cpart ending と分かれている。元々の『遠野物語』自体文章はバラバラではなかったものの、順序を変えることにまとまりができ、非常に読みやすい仕様となっている。
 百年を通して読み継がれ、色褪せることないこの『遠野物語』を現代作家である京極夏彦を通し『遠野物語remix』としてこの機会に是非読んでみるといかがだろう。
 勿論未読の方に是非読んでいただきたいが『遠野物語』を読んだ方々にも新鮮な感覚が得られるだろうと考える。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品