何者

  • 『何者』

  • 朝井リョウ
  • 新潮社
  • 1,575円(税込)
  • 2012年11月刊
  • 自分を生き抜くために必要なことは何なのか? この世界を組み変える力はどこから生まれて来るのか? 影を宿しながら光に向かって進む就活大学生の自意識をあぶりだす!

世界と自分の関係

推薦文No.11-1
関西大学現代文学研究部

 大学生にとって、就職活動はほとんど避けることができない試練だと言えるだろう。いわば社会に出ていくための関門みたいなものだ。この作品の登場人物たちも、それぞれ自分の就職活動をして、社会に出ていこうと努力している。私たちも、ほとんどの人は同じようにこれから就職活動をして、社会に出ていくことになるだろう。

 この本の帯には、「自分を生き抜くためにほんとうに必要なことは何なのか」、「この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか」という問いが書いてある。
 この問いは就職活動に直接的には関係ないように思える。でも、この本を読み終えたら、このことがどれだけ大切かきっとわかると思う。

 就職活動をするにあたって、自分と向き合って自分を分析する必要があるらしい。そして、自分の分析結果を文章でなり、口頭でなり、何らかの形で表現しなければいけないようだ。そうして、企業に自分を伝えなければいけない。けれど、何もそれは就職活動に限った話ではなく、人生を生きていて、人と関わっていかなければいけない以上、誰かに自分のことを伝えるというのは避けられない話だろう。
 自分は死ぬまで自分でいなければならない。それは当然のことだ。だから、自分から逃げるのではなく、向き合っていく必要があるのだと思う。自分をごまかしても、自分はそのごまかしを知っているのだから辛いだけだ。嫌な自分の一面があっても、それと折り合いを付けることができるようになったら、きっと自分を生き抜くことができる。
 世界をどう見ているか、それは人によって全く違うだろう。同じことが起こったとしても、人によっては捉え方が違う。それに、同じ人だったとしても、テストが目前に迫った日は、何が起こってもネガティブにとらえてしまうし、恋人とデートだという日は世界がバラ色に見えるといったように、その日によって世界の見え方は違う。だから、世界を変えることは自分の感じ方を変えることだ、と思う。

 この本を読んだら、きっと自分とは何なのか考えたくなるだろう。その内やってくる、あるいはもうやってきている就職活動のために、ではなく、これからの自分を生き抜くために。
 読むと心が痛くなるが、この作品はまだ就職活動を知らない私たちに、就職活動をどう乗り切るか、そして自分とどう付き合っていくべきかという指針のひとつを教えてくれる。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品