know

  • 『know』

  • 野崎まど
  • ハヤカワ文庫JA
  • 756円(税込)
  • 2013年7月刊
  • 超情報化社会。人造の脳葉<電子葉>の移植が義務化された2081年の日本・京都。情報庁・官僚の御野・連レルが出会う少女、道終・知ル。彼女はすべてを知っていた。

全ての情報を手にした、その先は

推薦文No.12-2
立教大学文芸批評研究会

 ヒトは情報の伝達手段として言語や文字を用いる。文字は記録されなければ保存することも、相手に伝えることもできない。大量の情報を保存して伝えていくために図書が生まれ、そしてそれを管理する機関として図書館は誕生した。図書館は情報を収集・組織して、利用者に提供する役割を担い、長らく知の象徴として存在していた。
 しかし時代は変わる。現代の社会では情報の電子化が進み、ネットワークが生まれ、あらゆるものの情報化が加速する。情報の収集は困難となり、それを組織する存在ももはやいない。情報化が進んでいく先では、なにが起こるのだろうか? そこにあるのは情報を取捨して選択的に排除することで秩序を保つ世界なのか、それとも情報の自由化が進んで誰もが情報へのアクセスが保証される世界か、はたまた制御しきれない情報は人の手を離れていくのか......。
 この物語の舞台となるのは日本・京都。大量の情報を扱うために人々の脳には電子葉が移植され、あらゆる情報をあらゆる場所で取得できるようになった超情報化社会。「最初から知っている」ことも「調べて知る」ことも大差ない。人類は情報を収集する手段を得た。しかし情報は無限に広がり続ける。それこそ電子葉ですら処理しきれないほどの情報ネットワークは、果たしてどのように組織されるべきなのだろうか? この作品では1つの答えが提示されている。
 「"自由"であることだよ」
 道終・常イチは語る。すべての情報が開放されている事こそが正しい情報社会のあり方であると。
 彼の言葉を実現する存在である少女は言う。
 「私、知りたいことがあるんです」
 少女はたくさんの初めてのことを経験しながら、知らないことを知り、運命の日に向かって進みはじめる。少女の言葉に導かれて行動を共にする御野・連レルの視点から描かれる、超情報化のさらに先にあるもの。あらゆる情報を知りながら、それでもなおとどまることのない知への欲求は彼らを、そして私たちをどこへ連れて行くのだろうか?

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品