know

  • 『know』

  • 野崎まど
  • ハヤカワ文庫JA
  • 756円(税込)
  • 2013年7月刊
  • 超情報化社会。人造の脳葉<電子葉>の移植が義務化された2081年の日本・京都。情報庁・官僚の御野・連レルが出会う少女、道終・知ル。彼女はすべてを知っていた。

全知に挑戦する少女

推薦文No.12-5
立教大学文藝思想研究会

 書き出しが分からない。私には今まで推薦文を書いた試しが全くなく、今回「know」という小説の推薦文を書くにあたり当初はどう書き出していいものかディスプレイを眺めながらひたすらに悩んでいた。しかしずっとそうしているわけにもいかず、参考になるかもしれないと思った私はamazonのレビューや読書メーターの感想を調べ回る。とかく現代人というのは困ったらすぐインターネットに頼る癖があるが、私もそのご多分に漏れなかったというわけである。

 自分の例を挙げるまでもなく、情報化社会が進んだ現代において人は何か困った事態に直面するとそれを打開するための「知識」を求める。知識欲というやつが発揮されるわけである。かつては、そのための手段は主に先人が残した書物であったが、近代になるとパソコンなる利器が開発され、それが主流になっていく。このパソコンの導入によって、人は一瞬の間により多くの情報を扱うことができるようになったのである。

 この小説の舞台となるのは、2081年の京都。あらゆるものに「情報材」が組み込まれてしまった結果、世界には人間が処理しきれないほどの情報が溢れてしまった。その対策として人間は「電子葉」を脳に埋め込み、問題の解決に成功した。その世界においては様々な情報を様々な場所で取得できるようになっており、「最初から知っている」ことと「調べて知る」ことの差異は段々となくなってきている。個人情報に関しては規制がかけられており、クラスという区分によって1~6まで人が振り分けられる。模範的な人間ほどクラスが高く、得られる情報量も守られる情報量も多くなる。

 「電子葉」の上位互換「量子葉」を頭の中に埋め込まれているクラス9の少女・道終・知ルは、世界のほぼすべてのことを知っていた。過去の様々な情報から推測をたてることで、未来さえも知っていた。しかし、彼女はその場にとどまらずなお全知になろうとして、そこに向かって突き進んでいく。

 この小説では、主人公にして知ルの付き人である御野・連レルの視点から、知ルがその「全知」に至るまでの過程を描いている。全知とは一体何か? 知識欲の果てにあるものは一体何なのか? 彼女は一体、どんな答えを提示してくれるのだろうか?

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品