富士学校まめたん研究分室

  • 『富士学校まめたん研究分室』

  • 芝村裕吏
  • ハヤカワ文庫JA
  • 756円(税込)
  • 2013年10月刊
  • 合理的なアラサー工学系技官の藤崎綾乃は、理不尽な職場への復讐をするためロボット戦車の研究に没頭するが・・・・。国防、恋愛にきな臭い極東情勢も絡んだ近未来SF。

30歳の女性科学者を見て

推薦文No.14-3
中央大学文学会

 最近ニュースの話題になっているものの一つに、STAP細胞というものがあります。これはIPS細胞より簡単に出来る万能細胞だそうで、世界中から注目されています。そしてこの歴史的発見をしたのは30歳の女性科学者だそうです。
 STAP細胞を世間に発表するまで発見者は科学の世界から相手にされず、研究も上手くいき続けたわけではないそうです。辛い辛い研究期間を乗り越えることでやっと発見に至った話を聞くと、こちらも頑張らなければという気持ちになります。
「富士学校まめたん研究分室」はちょうど30歳の女性科学者が主人公です。この主人公・藤崎綾乃は機械工学が専門ですが、男社会の世界で、研究に没頭している点は同じです。主人公も世界に影響を及ぼす「まめたん」という軍事兵器を開発します。
 主人公は将来に不安を抱えている女性です。モノになるか分からない研究をし、結婚しないままに30歳になり、部署を変えられる。もちろん特殊な環境にいますが、しかしそんな不安感は誰でも持っているのではないでしょうか。
 将来に全く不安がないという人はいないでしょう。事業に成功するか、就職出来るか、他にも単位が取れるか、など考えればキリがありません。モラトリアム期間を味わっている大学生ならば、その不安もひとしおでしょう。

 専門的な用語が使われたり、軍事シナリオを基に作られたり、妙に地に足付いた作品です。時代設定と、出てくる発明のスケールは現実にありえそうなもので、だからこそ戦争の要素が入るとリアルに感じられ、主人公の焦燥や苦悩もどこか他人事とは思えません。

 30歳という現実がぼんやりと先に見えてくる大学生。そんな大学生だからこそ、この主人公と共に喜び、哀しみ、奮起するのも悪くないのではないでしょうか。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品