ペンギン・ハイウェイ

  • 『ペンギン・ハイウェイ』

  • 森見登美彦
  • 角川文庫
  • 660円(税込)
  • 2012年11月刊
  • 郊外の街に突如現れたペンギンたちと、歯科医院の不思議なお姉さんにまつわる謎。「それが君の答えか、少年?」小学4年生のぼくが研究の果てにたどりついたものとは……。

小学生の好奇心と観察力

推薦文No.15-1
明治学院大学文芸部

 ペンギン・ハイウェイは、不思議なお姉さんと、小学四年生の男の子の話だ。この少年はアオヤマ君と作中で呼ばれているのだが、思考が小学四年生とは思えない。小学生と言われ思いつくのは、作中のスズキ君のような単純な性格の少年ではないだろうか。さらに好奇心が旺盛で、いつも研究をしている。そんな彼が住む町に、ある日突然ペンギンが現れた。当然ペンギンが郊外の住宅街に生息しているはずがない。それには歯科医の不思議なお姉さんの不思議な力がかかわっていた。お姉さんはペンギンを生み出すことができるのである。ペンギン以外も生み出すが、生み出される生き物のほとんどはペンギンであるため、ペンギンを生み出す能力と言っても差し支えはない。彼女がなぜペンギンを生み出せるのかは、物語の核心なのでここでは書けない。
 お姉さんがコーラの缶からペンギンを生み出したとき、アオヤマ君の視点からの丁寧な描写がある。この描写から、アオヤマ君がいかに利口かわかるだろう。普通の小学生ならばすごいと一言で終わらせるところを、アオヤマ君は、ペンギンが誕生する瞬間を観察しているのである。なかなかできることではない。動体視力もよいのだろう。自分ならば見逃す自信がある。彼が大人びている理由の一つに、この物に対する観察能力があるのだろう。あとは、これまた不思議な空気を放つ父親の存在がある。アオヤマ君の父親は、アオヤマ君とドライブするときに行き先を決めない。興味をひかれた方向にハンドルを切るのである。このこともあり、アオヤマ君は好奇心が旺盛であるのだろう。
 彼の見る世界は不思議に満ち溢れている。だから彼は研究するし探索もする。いろいろなものを見ても何も感じない人は、アオヤマの君のような好奇心がない人なのだろう。素敵なものを見ても何も思わない人は、この作品を読んでアオヤマ君の好奇心に触れてほしいと思う。好奇心というものは、大人になるとともに失われていく。願わくばアオヤマ君の健全な成長を祈る。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品