マリアビートル

  • 『マリアビートル』

  • 伊坂幸太郎
  • 角川文庫
  • 780円(税込)
  • 2013年9月刊
  • 殺し屋たちが入り乱れる様はまさに異常! いくつもの伏線を覚悟しながらも、このしてやられた感がなんともいえない! 読んでいくにつれ気持ちがどんどん高まる作品です!

「どうして人を殺してはいけないの?」

推薦文No.16-2
明治大学ミステリ研究会

 「伊坂幸太郎は『悪』を描く小説家である」
 解説の佐々木敦氏は語った。伊坂氏は「『悪』に立ち向かうための方策を、その小説によって探し続けている」と。その言葉通り、伊坂氏はこの作品において、様々な問いを投げかける。それは、登場人物に向けてであったり、読者である我々に向けてであったり。

 盛岡行き東北新幹線〈はやて〉に偶然(いや、必然的に)様々な事情を抱えて乗り合わせた「木村」「王子」「蜜柑・檸檬」「天道虫」。追う者と追われる者、狙う者と狙われる者。時に追う者が追われる者に、追われる者が追う者に交互に役割を変え、強烈なサスペンスを作り上げる。

 純粋な優等生じみたマスクの裏に、悪魔のような本性を隠し持つ中学生「王子」は問いかける。
 「どうして人を殺してはいけないの?」
 あなたはこの問いに答えられるだろうか。作中で問いかけられた登場人物も、それぞれ持論を語る。
 一見問いの形をしていない問いもある。なあ、世界とはこういうものなんだぞ。お前たちは、こういう世界で生きているんだ。考えたことはあったか?
 「世の中にはさ、正しいとされていること、は存在しているけど、それが本当に正しいかどうかは分からない。だから、『これが正しいことだよ』と思わせる人が一番強いんだ」
 「大事なのは、『信じさせる側』に自分が回ることなんだ」
 あなたはこの言葉を聞いてどう感じるだろうか。考えてみてほしい。では、この言葉を発した人物は、笑顔で人を痛めつけることができる人間、人を操ることができる人間だということをふまえると、どうだろうか。あなたは、この考えを素直に受け入れられるだろうか。
 作中ではこのように、様々な場面で作者が我々に問いかける。それは答えの出ない問いかもしれない。答えの出ない問いを投げかけられた我々は、どうしたらいいのだろうか。それは、考えることだ。人と違う考えであっても、自分自身の考えだと自信持って言えるような考えを持つことだ。

 佐々木氏は最後にこう述べている。
 「伊坂幸太郎は『勇気』の小説家である」
 「『マリアビートル』は、たとえ満身創痍になっても必死で『悪』に立ち向かおうとする、ちっぽけだが偉大な『勇気』が描かれた作品である」
 伊坂氏が我々に投げかけた問いは、この世界における無限の問いのうちのいくつかに過ぎない。我々は、人類に平等に与えられた思考という武器を手に、その問いに挑まなくてはならない。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品