華竜の宮 上・下

  • 『華竜の宮 上・下』

  • 上田早夕里
  • ハヤカワ文庫JA
  • 各777円(税込)
  • 2012年11月刊
  • 時は25世紀、大規模な地球環境の変化により陸と海に分かれて暮らす人類に再び危機が迫る。思惑渦巻く中、人類は手を取って生き抜くことができるのか? 話題のSF長編!

荒ぶる大地と「生」の物語

推薦文No.4-1
大東文化大学國文學研究会

 初めて本書を読んだ時そのスケールの大きさに心揺さぶられ、読者を圧倒させる物語にある一つの不変性に気づかされた。
 脳内に飛び込んできた世界は、地球上にあった大半の陸地が海の底に消え、残された陸上と新たに形成された海上都市。より一層広大になった海で生きることを選んだ海上民は〈魚舟〉と呼ばれる生き物に乗って生活をする。
 かつて人類は大きな天災に見舞われた。人間の力では到底防ぐことのできない海底隆起による海面上昇で大半の陸地が水没し、人間はもちろん、その他多くの生き物の命が奪われた。人類社会は大きく変貌し、すべての生き物は以前の地球より厳しくなった環境の中、生きることを第一優先にその環境に適応するように変化していった。誰もが必死で「生」にしがみついたのだ。
 この物語は日本政府の外交官である青澄誠司と海上民の女性長ツキソメを中心に、さまざまな思いや価値観を持った陸上民や海上民の視点で語られる群像劇である。青澄の視点を、彼のパートナーであるアシスタント知性体の語りで綴られる文体は、SF読者の心をくすぐるのではないだろうか。
 過酷な地球環境下では、陸と海の社会は大きく異なっている。そのため陸上民と海上民の確執は深まり国家連合や海上社会の思惑が交錯する。青澄誠司はこの事態を収縮すべくツキソメと会談する。
 この物語に悪はない。みな全力で生きようとしている。それぞれが自分の価値観を持って「生」に向き合っているだけなのだ。

 読者を圧倒する物語にある一つの不変性。
 ある一つの物語を複数の人たちで読み合ったとして、その物語が読者を完全に「飲み込めなかった」時、私たちは自分の言葉でその物語に対し多くの異なる意見を飛び交わせるだろう。それも物語を楽しむ上で大きな魅力であるはずだ。
 しかし完全に「飲み込まれた」時はどうだろうか。
 地球の底で起きる大きな激動に、それによって起きる環境の大変動に、そして懸命に「生」にすがろうとする人間の姿に「飲み込まれた」時、私は情けないことに何も言葉を発することはできなかった。
 華竜の宮。なんと美しいタイトルだろうか。可憐な「華」に何もかも食い荒らす「竜」を重ねるのだから。
 SF好きの読者は間違いなく上田さんの書いた世界に魅了されるだろう。そしてSFが苦手な方にもぜひ読んでほしい。カタカナの登場人物は覚えられない、設定を読むのが面倒だ......それは私も同だ。しかし『華竜の宮』はそんな読者も離さない力を持っている。
 そのタイトルの本当の意味を知るためにもぜひ本書を手に取ってほしい。
 意味を知った時にはすでに、あなたは「華竜」に飲み込まれていることでしょう。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品