華竜の宮 上・下

  • 『華竜の宮 上・下』

  • 上田早夕里
  • ハヤカワ文庫JA
  • 各777円(税込)
  • 2012年11月刊
  • 時は25世紀、大規模な地球環境の変化により陸と海に分かれて暮らす人類に再び危機が迫る。思惑渦巻く中、人類は手を取って生き抜くことができるのか? 話題のSF長編!

SFの妙味

推薦文No.4-2
関西大学現代文学研究部

 ネガティブな未来観とポジティブな未来観。
 SFのSF足りうる2つの要素を兼ね備えた『華竜の宮』は、その文章量や世界設定とも相まって、読んだ時に圧倒的な密度を感じさせてくれた。

 大規模な海底隆起によって陸地が水没したという舞台設定や、その世界で人々が生活可能な陸地を含む希少な資源を奪い合っているという背景が、ネガティブな未来観だ。
 こんなことが起こってしまったら、という悪い予想・仮想に基づいて、そういう状況で人々はどう振る舞うだろうかという想像と、どう振る舞うべきかという問いかけは、SF作品に意味合いを持たせる上で必須と言っても言い過ぎではないほどに重要な要素だ。
 『華竜の宮』では、主人公である日本の外交官、青澄誠司が日本を含めた様々な組織が跳梁跋扈する中で、人道的で崇高な理想を掲げながらもがく姿を通して、人のあるべき姿、求めるべき姿とは何なのかが問いかけられる。
 そんな青澄と、彼のパートナーであるアシスタント知性体マキが困難にぶつかる度にその問いかけは重みを増しながら繰り返し提示され、読者はその度にやきもきしながら青澄達と敵対する人々の利己的で身勝手な姿に怒りを覚えてしまうことだろう。
 そしてまた、そんな風に青澄に感情移入出来るのは、彼が魅力的なキャラクターであるからと同時に、本作の良く練られた世界設定にも起因しているのだろう。
 アシスタント知性体という人工知能に代表される高度な情報技術と、海での生活に適応するために遺伝子に手を加えた海上民と魚舟。そして、副作用的に生まれながらも必死に生を主張する獣舟。
 機械工学と生物工学における「もしこんなことが実現したら」というポジティブな未来観が、物語に密接するように盛り込まれた世界設定は、読めば読むほどに引き込まれてしまう魅力のあるものだ。
 こういう"ロマン"があるからこそ、SFには面白みがある。
 重い問いかけが作品に深みを与える一方で、"ロマン"があるからこそ読んでいて楽しい、面白い。それがSFの、そして『華竜の宮』の良さだ。

 『華竜の宮』は追い詰められた状況での人の振る舞いを問う重厚な作品だ。作者の上田早夕里さんも、本作を阪神淡路大震災当時の社会状況に対する返歌だと言っている。阪神淡路大震災を覚えていない世代なら、東日本大震災を連想してしまうことだろう。そういった悲劇的状況でも人らしい理想を忘れてはいけないと思わされるのが『華竜の宮』の、そして主人公青澄の持つ力だ。
 そして同時に、SF的なロマン、わくわくさせられる要素がこれでもかと詰め込まれている世界設定もまた、『華竜の宮』の魅力だ。
 重厚さとロマン、2つの要素が絡み合って、読者を引き込む。
 『華竜の宮』はそんな作品だと私は感じた。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品