昨日まで不思議の校舎

  • 『昨日まで不思議の校舎』

  • 似鳥鶏
  • 創元推理文庫
  • 714円(税込)
  • 2013年4月刊
  • コミカルな学園ミステリ・シリーズ第5弾! ミステリーの複雑さ、スピード感はシリーズの中で一番力が入ってます! 七不思議に興味がある方は是非、読んでみてください!

読んで!でも読まないで!

推薦文No.5-1
明治大学ミステリ研究会

 読み終えた時、とても後悔した。この「昨日まで不思議の校舎」はシリーズものの体をとっており、今作はその第五弾だ。集大成ともいわれており、いままでの様々な要素に一区切りがつく。その集大成から入ったせいで、漫画をえらく途中から読み始めたせいで訳がわからなくなったのと近い感覚に陥ったのが、後悔した理由だ。主人公の葉山や探偵役の伊神、演劇部の柳瀬など個性豊かな人物が登場するが、彼らの出会いやその過程をじっくり味わうためにも、ぜひシリーズの第一弾から読んでほしいと思う。
 しかし、この本単体で読んでも充分楽しめる。舞台は市立高校。超自然研究会が配布した「エリア51」の市立七不思議特集にのっているカシマレイコ、口裂け女、花子さんにまつわる事件が同時に起き、それを解決していくというのが大筋だ。そしてそれらの謎が解けた時に新たに生まれる謎。それは、「どうしてこの3つが事件の題材になったのだろう」というものだった。そして調査を進めるにつれて、この市立高校が単なる「不思議の校舎」ではないことがわかる。
 学園ミステリーではあるが謎のつくりやトリックもしっかりしているので、ミステリー好きにも自信をもって勧めることができる。犯人がとる数々の行動は一見すると不思議なものであるが、調査や推理を交えてそれを考えてみればなんてことはない、ひどく合理的なものである。語られる事件の独白を読んでみるとそれがよくわかる。人の考えていることは実際に言葉にされないと案外伝わらない。これが文章なら尚更だ。現に直接伝えられない、というのがこの話の根幹になっていると私は思う。みんなはっきり自分の意見を言い合っていれば起こらなかった事件がいくつもあるのだ。
 しかし、その言えないもどかしさから生じる合理的な行動、つまりそれは端から見れば不思議な謎があるからこそ、それを解く過程や解決が面白くなるのである。この話に即していうならば、不思議というのは人の心から生まれるのだ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品