昨日まで不思議の校舎

  • 『昨日まで不思議の校舎』

  • 似鳥鶏
  • 創元推理文庫
  • 714円(税込)
  • 2013年4月刊
  • コミカルな学園ミステリ・シリーズ第5弾! ミステリーの複雑さ、スピード感はシリーズの中で一番力が入ってます! 七不思議に興味がある方は是非、読んでみてください!

最優秀推薦文

ジャンル不明

推薦文No.5-2
法政大学文学研究会

 例えば、こんな文があったとしよう。

「人影はいきなり消えた。確かめに行ってみると、その部屋は密室で、誰もいなかった。」

 この文で締められていたら、その話はホラーになる。
 この文から始まったのなら、その話はミステリになる。
 それがホラーとミステリの違いの一つだと思う。
 
 似鳥鶏著「昨日まで不思議の校舎」はそのどちらかに分類するのが難しい。
 主人公・葉山くんの通う某市立高校は、入学してから、時間を経るごとに慣れるのではなく、落ち着かない気分を味わわせる、という変な学校だ。
 そんな可笑しな学校の「七不思議」は、カシマレイコさん、立ち女、トイレの花子さん、フルートを吹く幽霊、口裂け女、「天使」の貼り紙、壁男の7つ。ただしこのうち立ち女、フルートを吹く幽霊、「天使」の貼り紙、壁男については実話であり、葉山くんが安楽椅子探偵もとい先輩の伊神さんと共に解決したものばかり。残り3つはありふれた怪談ではあるのだが、今回はこの3つにまつわる「いたずら」が相次いで起こり、葉山くんは奔走するはめになる。
 「日常の」ちょっとした「いたずら」レベルの事件の先にあったのは、彼の高校に「隠れ棲んでいた怪異の最古にして最後の一つであり、また間違いなく最大の存在」だった。
 「謎」を解明した瞬間、新しい「謎」が発見されそこで舞台の幕は引かれる。
 ミステリとして始まったこの物語は、ホラーとして終わる。
 事件が解決したミステリ特有の爽快感は、新たな怪談じみた「謎」の登場とともにホラー独特の不気味さへと変化を遂げる。その上、発見された「謎」は解決されることもなく物語が終わってしまうので読後に後味の悪さが残る。この変な気持ち悪さが次の巻への期待に繋がるのだからおかしなものだと思う。
 さらに加えると、事件に対する主人公の役割が「探偵」ならばミステリで、「語り部」ならばホラーという違いもある。
 今回の主人公・葉山くんも、最初は「探偵」として事件を調査し、終わりではホラーの「語り部」となっている。登場人物の中で主人公の彼だけがポジションを変えていく。こちらもまたミステリで始まりホラーで終わる。
 この本の大きなテーマはホラー、もしくはミステリだ。しかし、生徒が主人公で舞台が学園であるからか青春小説らしい一面もある。ハツラツとしている柳瀬さんや、中学が同じだった秋野との恋愛模様や、伊神先輩との関係など。
 いろいろな視点から楽しむことができる一冊だと思う。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品