クォンタム・ファミリーズ

  • 『クォンタム・ファミリーズ』

  • 東浩紀
  • 河出文庫
  • 798円(税込)
  • 2013年2月刊
  • 2035年=未来の娘から届いたメールがすべての始まりだった。批評家・東浩紀の小説第1作にして第23回三島由紀夫賞受賞作がついに文庫化。筒井康隆による解説も見所。

「複数の生」を生きる家族の物語

推薦文No.6-1
立教大学文芸批評研究会

 人はみな「こうであったかもしれない」別の現実を想像して生きている。

続きを読む

最終候補作品

候補作品