満願

  • 『満願』

  • 米澤穂信
  • 新潮社
  • 1,728円(税込)
  • 2014年3月刊
  • 殉職した警官、いわくつきの旅館、ありえるはずのない審判、裁きを待つ男、死亡事故が多発する峠、後ろ向きの達磨。謎が明かされる度に思わず背筋が寒くなる、6つの物語。

ほの暗く美しい

推薦文No.17-1
関西大学 現代文学研究部

 これは「願い」の物語だと私は思った。登場人物の持つ「願い」はほの暗さをたたえてゆっくりと背筋を這い上がり、ページを繰るごとに私たちの心を捉えて離さない。物語は、暗いゆえの輝きと、恐ろしいゆえの美しさで確実に私たちを魅せる。
 そうして読み終えたあと、きっと感じるはずだ。人の願いとは、恐ろしいものである、と。

 収められた六つの短編は、いずれもありふれた日常や小さな事件から滲み出た奇妙な出来事を描く。
 雁字搦めになった糸が次第に解けていくように、事件の真相は明らかになっていく。最初はたった一方向からしか見えなかった出来事が、徐々に違う顔を見せ始める。その鮮やかさは単純ながらも「凄い」の一言に尽きるのだ。そしてこのミステリは、途中で私たちを安心させてはくれない。日常を描くなかでもどこか不安を漂わせ、あるいは見せかけの穏やかさでその恐ろしさを隠し通したまま物語は速さを増していく。グイグイと引き寄せられるようにラストに近づき、やがて緊張は最高潮に達する。効果的な強調文が読者の理解を掻き立て、ついに真相が暴かれた時、私たちは「こういうことだったのか」とまるで当事者のように頭を抱えるのだ。
 真相への糸口は作品の随所に散りばめられている。伏線もキーアイテムもひっそりと隠されており、たとえその真相を知った後でももう一度初めに戻って読み返してしまう。真相を知らないで読むのと、真相を知ってから読むのとではまったく違う面白さがある。無知な人間が物語をたどる心境、神の視点に立って物語のすべてを見渡せる心境、どちらも楽しめるのだから素晴らしい。

 私の中でなによりも印象に残ったのは、美しい中学生姉妹とその母を中心に展開される「柘榴」という話である。ここに描かれた「願い」はどこまでも冷徹だ。はっきりとは描かれていないのに、女の業の深さや恐ろしさをまざまざと見せつけられるようだった。真相を知った時の、あの総毛立つ感覚は二度と忘れられない。
 そのほか、無愛想な警官や失踪した恋人に会いに行く男、在外ビジネスマンにフリーライター、弁護士......ここで取り上げはしないが、どれもたまらなく魅力的な物語だ。彼らが垣間見た「願い」、そして彼ら自身の持つ「願い」が一体どうなるのか......一度この本を手に取れば、きっとあなたは興味をそそられ逃げられなくなるだろう。
 表紙を閉じたとき、心に残るのは恐ろしさと美しさと、そして極上のミステリを味わったあとの充足感である。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品