満願

  • 『満願』

  • 米澤穂信
  • 新潮社
  • 1,728円(税込)
  • 2014年3月刊
  • 殉職した警官、いわくつきの旅館、ありえるはずのない審判、裁きを待つ男、死亡事故が多発する峠、後ろ向きの達磨。謎が明かされる度に思わず背筋が寒くなる、6つの物語。

彼の願いは満ちるところを知らず

推薦文No.17-3
東京理科大学 文芸サークルClock

 「ああ、これを......。待って、いたのよ」
と言いたくなるような、いや作者のファンならば言わずにはいられないようなザ・ダーク米澤穂信。来る、来るとわかっていながらも綺麗に引っかからずにはいられない反転。そこまでのじわじわと滲み出る暗転の予感、そしてぐるり、と変わる世界にニヤリと(或いはゾクリと)せざるを得ない秀逸な短編ホラー集がこの『満願』である。

 どれもが上質に仕上がり、「関守」や「柘榴」、「死人宿」など各々よく練られていて飽きがこない。そこへさらに表題作「満願」が渾身の右ストレートを放ってくれる。

 米澤穂信の作品を知る人も、知らない人もスラスラと読み、恐怖に陥ることになるだろう。なぜなら彼らは当然のように一線を越えるからだ。けっしてことが起こるまでは語り手・読者に自身の異常性を悟らせることがない。だが、魔が差しただけ......ではないのだ。彼らは当たり前の日常のようにそれを行う、そのために我々は警戒するすべを持つことができない。作者、米澤穂信の名前を知っていようとも、本の帯からホラーが来るとわかっていようとも。ひとたびページを捲りだせば、我々は目を光らせる一読者からどこか平和ボケした善人へと変身させられてしまう。スラスラと読ませ、作品世界にグイッと引き込む親しみやすい一人称が警戒の鎧をあっという間に剥ぎとり、オチのキレを増強する。この、「読者により大きなインパクトを与えよう」とする読者の立場に立ち、読者を尊重したような各物語内の構成、そして飽きさせない作品群の上手い配置が、2014年の「このミステリーがすごい!」での国内一位に導いたのだと私は感じている。読後に「やられた! 悔しい」ではなく「よくやってくれた!」と思った、と言えば作品の巧さを感じてもらえるのではないか。

 2014年12月24日発行の「2015年度版このミステリーがすごい!」にて、米澤穂信は「自分の好きなミステリーを書いて、それが認められてうれしい」という趣旨の内容の発言をしていた。彼自身が、山よりも高く海よりも深くミステリーを愛好していたからこそこの『満願』があるのだろう。彼自信がきっと、一番この物語を読みたかったのだろう。だが彼は作家として自分の作品にしてしまった。故に私は思うのだ。「彼の願いは未だ満ちてはいない」......と。

 現段階での米澤穂信が描いた最高のミステリー。御賞味あれ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品