すべて真夜中の恋人たち

  • 『すべて真夜中の恋人たち』

  • 川上未映子
  • 講談社文庫
  • 691円(税込)
  • 2014年10月刊
  • 人と言葉を交わすことも苦しい、そんなひとりの校閲者の静かな恋には、けれど一回限りのこの恋にかけがえのない希望と絶望を抱いてしまう真剣さがたゆたっている。

色鮮やかな真夜中

推薦文No.8-1
立教大学 文芸批評研究会

真夜中に外を歩いたことがあるだろうか。もしもないならば、一度試してみてほしい。そこは私たちが普段考えているよりもずっと光にあふれていて、ずっときれいだ。

続きを読む

言葉に揺蕩う

推薦文No.8-2
中央大学 文学会

すべて真夜中の恋人たち、と題されたこの小説は、「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う。」の一文からはじまる。

続きを読む

最終候補作品

候補作品