世界から猫が消えたなら

  • 『世界から猫が消えたなら』

  • 川村元気
  • 小学館文庫
  • 670円(税込)
  • 2014年9月刊
  • もしも世界から何かを消す代わりに、一日だけの命を得られるなら、何を犠牲にするだろう。余命わずかの僕は悪魔と取引をする。そんな僕と猫と悪魔の、最後の7日間の物語。

失って気付く存在意義

推薦文No.9-1
明治学院大学 文芸部

世界から○○が消えたなら――学校が消えたなら、この課題が消えたなら、嫌いな人が消えたなら。考えたことは誰でも一度はあるだろう。

続きを読む

最終候補作品

候補作品