掟上今日子の備忘録

  • 『掟上今日子の備忘録』

  • 西尾維新
  • 講談社
  • 1,350円(税込)
  • 2014年10月刊
  • 掟上今日子はどんな難事件もほぼ一日で解決し、そして一日で忘れる忘却探偵。その鮮やかな推理と魅力的なキャラクターから目が離せない。西尾維新が放つ新シリーズ第一作。

探偵たちのキャラクター

推薦文No.4-2
法政大学 もの書き同盟

 私がこの小説をジャンル分けするならば「推理小説」ではなく「探偵小説」と分類したい。そもそも「推理小説」という言葉は、「探偵小説」の「偵」の字が戦後に制定された当用漢字表になく、「探てい小説」と表記するのもみっともなかったので採用された言葉だそうなので、意味としてはどちらも同じなのだが、それでもあえて「探偵小説」と表現するのは、この小説の最大の魅力は探偵とその助手ポジションの人物のキャラクター性に、あると思うからだ。そういう意味ではキャラクター小説ともいえるかもしれない。

 探偵、掟上今日子の記憶は一度寝てしまうとそれまでの記憶がリセットされてしまう『忘却探偵』だ。それゆえほとんどの事件を一日で、それが無理でも徹夜をして睡魔に負ける前に解き明かす。
 この小説は「本格ミステリ」ではない。解決パートになって情報が後出しされる事件がある、推理に頼らない禁じ手で犯人を明らかにする事件もある。作中起きる事件の少なくとも半分は読者が推理して答えを導き出すことが不可能だ。しかし、それらの事件は『忘却探偵』という設定を、今日子さんのキャラクター性を最大限魅せる内容になっている。今日子さんが、「忘却」という体質の持つ意外なメリットを活かしながら、そして、あまりにも重いデメリットに抗いながら、スピーディーに事件を解決していくのが、この物語の見どころだ。時に睡魔と、時に今日子さんを眠りに落とそうとする犯人と闘う今日子さんの活躍をぜひ読んでいただきたい。
 また、助手ポジションにいるキャラクター隠館厄介と今日子さんの関係も見どころとしては外せない。
 厄介は今日子さんの活躍を語る語り部であり、今日子さんと二人で事件に臨む立ち位置にいるので、便宜上助手ポジションと言ったが、作中における立場は事件に巻き込まれた一般人にすぎず、ほとんどの場面で事件解決の役には立たない。ただ、彼は生まれながらにして、ことごとく事件に巻き込まれ、そしてその原因と疑われるという不幸な特性を持っている。そんな彼がたびたび事件の解決を今日子さんに依頼することで二人の関係は繋がっていく。
 ただ、この関係はあまりにも儚い。一晩たてば記憶をなくす今日子さんは、いくら厄介が信頼し頼りにしようと、次の日には彼のことを忘れている。助けてもらったことに感謝しても再び会えば「初めまして」と言われ、仲たがいをすれば謝って許してもらうこともできない。そんな二人の関係は読者に切ない気持ちを抱かせる。厄介は終盤までただの巻き込まれキャラのままだが、今日子さんを思い、事件の中で成長を見せる。そんな彼の成長が二人の関係にどんな関係を与えるのか、ぜひ自分の目で確かめてほしい。

 作者の西尾維新はライトノベル的な作品を中心に書く人気作家だけあり、キャラクター作りやキャラ同士の掛け合いが非常に巧みだ。この作品も特徴的な設定を持つ二人のキャラクターを中心に作られている。
 人が本を他人に薦める時、薦める本の第一条件は自分が読んで面白いことだろう。では第二条件は? 相手の読書趣味を考慮しない場合、私にとっての第二条件は誰でも読みやすく、エンタメとして分かりやすく楽しいことだ。
 『掟上今日子の備忘録』は個性的なキャラクターと、解決までが短く発想で楽しませ、なおかつキャラクターを活かした事件で構成されていて、エンタメ作品として非常に面白い。読書慣れしてない大学生にも読みやすく、そうでない人も楽しめる一冊だ。

 あっ、それと今日子さんの可愛らしさもおススメの点だ。徹夜を続け、眠気のあまりにゃーにゃー言うシーンや、最後の魅惑的なセリフは、物語のヒロインを愛でる人々には必見である。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品