この本読んで!2012年夏 43号

表紙イラスト:西村繁男

  • 『この本読んで!』
  • 43号(2012年夏号)
  • 5月25日発売
  • 立ち読みPDF
  • 定期購読について

特集:ディック・ブルーナとちいさなうさぎ
ディック・ブルーナさんの描く、かわいらしいうさぎnintje(ナインチェ)。
日本では、うさこちゃん、ミッフィーとして人気です。
世界中で愛されている魅力に迫ります

特集:紙芝居の選び方

特集:被災地に子どもの本ができること

描きおろし絵本:いまきみちさん

連載
○巻頭エッセイ 長谷川義史さん
○おはなしおばさんの「おはなしのたねあかし」藤田浩子さん
○きら星のごとき絵本作家たちを"二人語り"
      松居直さん×今江祥智さん
○寺子屋ブックトーク 越高一夫さん
○おはなし会のプログラム+行事絵本・季節の絵本
○絵本の"絵"を読む 杉浦範茂さん
○贈る絵本 書店員が選ぶ「夏に読みたくなる絵本」
○おはなし会なんでもQ&A 広瀬恒子さん
○そのほか、おすすめプログラム&行事絵本・季節の絵本
○ぜ~んぶプレゼント!「新刊絵本100冊」
など。

おはなし会に役立つ情報が満載!

編集メモ

44号制作中!

8月発売の44(2012秋)号の編集作業、そろそろ佳境に入ってきました。
今回の表紙と、描きおろし絵本は、秋山とも子さん。
秋山さんの作品には、『雨をよぶ龍』(童心社)という絵本があります。
9784494007462.jpg
童心社のHPへ

これは埼玉県鶴ケ島市で4年に1回行われる雨乞行事を題材にしたもの。
そしてなんと、このオリンピックイヤーと同じ今年が、まさにそう。
今週末の8月5日に開催されるそうです。
秋山さんは取材を入念に行い、ひとつひとつ確かめるため、
細かいところまできちんと描かれています。
描きおろし絵本では駅前広場やデパートの様子を描いていただきました。
じっくりと見て、楽しめる作品ですよ。
お楽しみに!


2012/7/31



編集メモ

てくてく座東京公演が決定!

前回お伝えした、絵本作家さんたちの文士劇、てくてく座が
新宿サザンシアターで東京公演を行うことになりました!
しかも、14時からと、18時からの2回公演。
この機会を逃すと、しばらくは公演予定がないそうなので、
ぜひぜひお見逃しのないよう!

お申込みはJPICのHP内より受付中。
こちらのページからお申し込みフォームへ

2012/7/30



編集メモ

第15回絵本学会 てくてく座特別公演に行ってきました!

先週末、熊本県山鹿市で開催された第15回絵本学会に取材に行ってまいりました。
絵本学会は年1回絵本を研究する方々の発表の場であるのですが、
今回は、絵本作家さんたちが「てくてく座」として、
文士劇を披露するということで、例年以上の盛況ぶりでした。
会場は八千代座、国指定重要文化財となっている
昔ながらの芝居小屋で、風情ある舞台でした。
2012kumamoto 006.jpg


2012kumamoto 010.jpg

参加されたのは座長の飯野和好さんをはじめ、
中川ひろたかさん、ささめやゆきさん、大友剛さん、
あべ弘士さん、長谷川義史さん、山本孝さん、長野ヒデ子さん。
もう、名前を聞いただけで、わくわくしちゃいますよね。


この様子は次号(2012年秋号 8月末発売)でレポートしますので、
しばらくお待ちください!

2012/6/6



編集メモ

43号ができあがりました!

みなさまのお手元に届きましたでしょうか。

表紙はこれからの季節にぴったりの、西村繁男さんのイラスト。
西村さんの最新作のひとつに、福音館書店の、
月刊かがくのとも6月『ターくんのちいさないけ』があります。
こちらはご自宅に作った池がモデルになっていて、
表紙の原画をいただきに伺ったときに、実際に見せていただきました。
おたまじゃくしがちょこまか泳いでいて、ずっと観察していたくなりましたよ。

描きおろし絵本は、奥様のいまきみちさん。
細かな刺繍の作品を見せていただいた瞬間、
わたしたちは歓声をあげてしまいました。
一針、一針、思いがこもっていて、かわいらしくて。
imaki.jpg

西村さんと、いまきさんのやり取りはとってもチャーミングで、
穏やかであたたかい、すてきなご夫婦でした。


そのほか、ブルーナ特集や、紙芝居の選び方など、
みなさまに、楽しく読んでいただけたら、うれしいです。

みなさまの元に、楽しい夏が訪れますように。

2012/5/31


« 前のページ | バックナンバー一覧へ | 次のページ »

定期購読・バックナンバー

雑誌購読はインターネットで簡単にお申し込みいただけます。

定期購読申し込み

ページの先頭へ戻る