トピックス - 2016年12月

【終了しました】オーサー・ビジット校外編 作者と語ろう!10代の読書会
「人気ミステリー作家 知念実希人さんを迎えて」

課題本『優しい死神の飼い方』(文庫版)を申込者 先着50名様にプレゼント!
当日、知念さんに直接サインしてもらおう!

知念さんの作品が好きな人、
同世代の参加者と好きな本の話を楽しみたい人、ぜひご参加ください!
本を通じて新しい友だちができるチャンスです!
当日は講演後、サイン会も予定しております。

日時:2017年2月12日(日)13:00~16:00
会場:広島国際会議場 小会議室「ラン」(広島市)

定員:50名(参加費無料、先着順)

chinen_photo
講師:知念実希人さん
1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。
2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。'12年、同作を改題した『誰がための刃』で作家デビュー。「天久鷹央の推理カルテ」シリーズが人気を博し、『仮面病棟』は2015年啓文堂書店文庫大賞を受賞、ベストセラーに。他の著書に、『ブラッドライン』『改貌屋 天才美容外科医・柊貴之の事件カルテ』『神酒(みき)クリニックで乾杯を』『白銀の逃亡者』『あなたのための誘拐』『時限病棟』『優しい死神の飼い方』『黒猫の小夜曲(セレナーデ)』がある。

【内容】
第1部/読書会
 グループをつくり、課題本『優しい死神の飼い方』について話し合います。
 読んで感じたことなど、お互いに聞いてみましょう。

第2部/知念実希人さんと語ろう!
 課題本や創作、読書について知念さんに聞きたいことをたくさん質問しましょう。

課題図書
chinen_ reaper_cover.jpg
『優しい死神の飼い方』(光文社)
※参加者は課題図書を読んできてください
※事前に簡単な課題が出ます
※受付後に参加通知を事務局より郵送いたします

※保護者の参加は出来ません


詳細・お申込みは 「10代の読書会」最新情報 をご覧ください。

ページの先頭へ戻る