この本読んで!2020年冬 77号

はらぺこめがね

  • 『この本読んで!』
  • 77号(2020年冬号)
  • 12月3日発売
  • 立ち読みPDF
  • 定期購読について
12月3日発売!(首都圏基準)
書店様用注文書
書店様用注文書(子どもの文化普及協会)

表紙:はらぺこめがねさん

特集:五感で感じる しあわせ絵本
見るしあわせ、聴くしあわせ、食べるしあわせなど、五感にうったえてくるような絵本を集めました。その絵本を開くだけでしあわせな気持ちになれます。

特集:子どもがきっと夢中になる 児童文庫シリーズ
絵本から読みものへ、そして物語の世界へとつながっていく読書の旅。各児童出版社おすすめの児童文庫を紹介。児童文学作家のひこ・田中さんによる「子どもが本好きになる」コツも。

「こんにちは!絵本作家さん」 はらぺこめがね
絵本作家さんのスペシャルインタビュー、今回は表紙を描いてくださった夫婦絵本作家ユニット、はらぺこめがねさん。アトリエにおじゃまして、おいしいお話をたくさん伺ってきました。

好評連載第4回 子どもたちの未来とSDGs絵本 も!

○巻頭エッセイ 長谷川義史さん
〇おいしい絵本 中島京子さん 
○おはなしおばさん 藤田浩子さん
○最新童話&YA紹介 越高一夫さん
〇ひだまりティータイム 子どもと遊び ときどき絵本 中川李枝子さん 
〇つなぐつながる 子ども文庫 汐﨑順子さん+松岡享子さん
○おはなし会なんでもQ&A 広瀬恒子さん
○知っていればあわてない 発達障碍と絵本

そのほか、おはなし会プログラム&行事絵本・季節の絵本、
定期購読者限定プレゼントがあたる「新刊絵本100冊」など。
朝読や読みきかせに役立つ情報が満載です!

ISBN 978-4-8021-5451-2
雑誌 60050-23

「この本読んで!」オンラインイベントを開催します!


◆JPIC ONLINE「この本読んで!」学習会 絵本から読みものへ
第1部は、絵本から読みものへの移行について、図書館司書として、また読みきかせやブックトークの講師としても活躍されている児玉ひろ美さんにお話しいただきます。
第2部は、長年子どもたちに本を手渡してきた元・学校図書館司書の中村千秋さんに、児玉さんとともにその工夫をご紹介いただきます。
<開催概要>
【日時】21年1月23日(土) 10:30~12:00(10:15より視聴スタート)
【場所】インターネットアプリZoom(全国どこからでもご参加できます)
【参加費】(1)1,100円(視聴のみ)
 (2)2,400円(視聴+「この本読んで!」2020年冬・77号・12月3日発売<1,100円+送料〉)
【詳細・申し込み】※外部イベント申込決済サイトからお申し込みとなります
申し込みページ(1)1,100円(視聴のみ)
申し込みページ(2)2,400円(視聴+「この本読んで!」)

◆JPIC ONLINE「この本読んで!」学習会 絵本から読みものへ
第1部は、伊藤忠記念財団が製作し、普及活動をしている「マルチメディアDAISY図書」の「わいわい文庫」 について、ご担当者の矢部剛さんにお話しいただきます。
第2部は、「わいわい文庫」などを活用し、公立図書館で障碍者向けのサービスを担当している新宿区立戸山図書館の谷口絵莉子さんに、現場での活用方法などをご紹介いただきます。
<開催概要>
【日時】21年2月20日(土) 10:30~12:00(10:15より視聴スタート
【場所】インターネットアプリZoom(全国どこからでもご参加できます)
【参加費】(1)1,100円(視聴のみ)
 (2)2,400円(視聴+「この本読んで!」このイベントのレポートが掲載される2021年春・78号・3月3日発売<1,100円+送料〉※発売後の発送です)
【詳細・申し込み】※外部イベント申込決済サイトからお申し込みとなります
申し込みページ(1)1,100円(視聴のみ)
申し込みページ(2)2,400円(視聴+「この本読んで!」)

みなさまのご参加お待ちしております!
ご不明な点がございましたら、以下アドレスまでお気軽にお問い合わせください。
◆問い合わせ
JPIC ONLINE
online@jpic.or.jp



「この本読んで!」連動フェア展開! 2021年1月

nikoniko2021-01A.jpg nikoniko2021-01B.jpg

にこにこ書店さんにて、特集「しあわせ絵本」のフェアを、1月9日~24日まで開催していただきます!
ブックハウスカフェさんにて、特集「子どもたちがきっと夢中になる児童文庫シリーズ」に連動したフェアを開催中です!

« 前のページ | バックナンバー一覧へ

ページの先頭へ戻る